2日目はスコアを伸ばすことが出来なかった(写真は初日)(撮影:米山聡明)

写真拡大

<ソニー・オープン・イン・ハワイ 2日目◇15日◇ワイアラエCC(7,044ヤード・パー70)>
 ハワイにあるワイアラエCCで開催されている「ソニー・オープン・イン・ハワイ」の2日目。初日を3アンダーの32位タイでスタートした石川遼は3バーディ・3ボギーの“70”でスコアを伸ばせずトータル3アンダーでホールアウトした。
ハワイの空に向かってティショットを放つ石川遼
 この日はINからスタートした石川は、12番でセカンドをグリーン左に外してボギーが先行。16番でバーディを奪うも、続く17番で2つ目のボギー。18番はバーディとしたものの足踏みを続けたままバックナインに入った。後半も2番で3パットのボギー。最終9番パー5はバーディで締めたがスコアを伸ばせずフィニッシュした。
 現時点で首位はトータル12アンダーまでスコアを伸ばしたブラント・スネデカー(米国)が立っている。谷原秀人、片岡大育、小平智、宮里優作らは午後組でのスタート。武藤俊憲はトータルイーブンパー、岩田寛はトータル1オーバーでフィニッシュしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>