NGKブースには点火プラグの巨大デモ機(オートサロン2016)

写真拡大 (全5枚)

 今年で34回目を数えるカスタムカーのイベント、「東京オートサロン」が千葉・幕張メッセで1月17日まで開かれている。自動車メーカーや部品メーカー約450社が参加し、880台もの市販車や改造車がズラリと並ぶ、まさに世界最大規模の祭典だ。

 かつてのオートサロンといえば、“走り屋”の若者が集うマニアックなイベントというイメージが強かった。だが近年、自動車のコモディティ化(画一・均質化)が進んだこともあり、幅広い層で量産車を自分好みにドレスアップしたり、チューニングしたりする人が増えている。

 いまやオートサロンの1日あたりの入場者数は、あの「東京モーターショー」と肩を並べるほどの人気ぶりで、昨年は報道公開日を含め3日間の入場者数は31万人を超えた。

 今年のオートサロンも見所は満載だ。マツダの小型スポーツカー「ロードスター」やホンダの「S660」、納車待ちが続くトヨタの新型「プリウス」の改造車も早くも登場。その他、各メーカーのレース仕様車などが華々しく展示されている。

 部品メーカーのブースも興味深い。新作タイヤやホイール、本革をふんだんにあしらったハンドル・シフトノブ、車内のみならずボディを加工して埋め込むLED照明の数々は、思わず見入ってしまうはず。

 熱い視線を送るのはクルマばかりではない。各ブースに彩を添えるコンパニオンやレースクイーンたちも、みな個性豊かで美女揃い! 当サイト記者が会場で見つけたコンパニオンたちの“厳選ショット”を紹介しよう。

●撮影/渡辺利博