Doctors Me(ドクターズミー)- 子どもが自分になつかない…もっと子どもと仲良くなる4つの方法!

写真拡大

毎日こんなに子育て頑張っているのに、うちの子はおばあちゃんと遊んでいる方が楽しそう、保育園の迎えにいっても嬉しくなさそうなどといった悩みをもつお母さん、少なくないのではないでしょうか。ママが深刻に悩んでいても、実際には子どもはちゃんとなついているケースが多いものです。
今回は、そんな子育てに悩むママへ向けて、医師からのアドバイスをいくつかご紹介しましょう。

子どもの性格は千差万別

自分といるより、ほかの人といる方が子どもが楽しそうにしている…と感じている人は、まず以下のことを確認してみましょう。

1.月齢が小さすぎて行動に表れにくい
ほかの子どもが後追いや人見知りが始まっていて、自分の子にはみられないという理由で、自分になついていないと思い込んでいませんか。早い子だと生後半年くらいから見られることもありますが、1歳すぎてからの子もいます。

2.性格はさまざま
すべての子どもが喜怒哀楽の表現がはっきりしているわけではありません。人見知りがないから必ず問題があるというわけでもなく、誰とでも社交的に接する子もいます。

3.ほかの人の意見を聞いてみる
ママ自身は気付いていなくても、ほかの人に聞いてみると、子どもにとってママが特別な存在なのだと実感できることもあります。例えば「ママが料理をつくっている間、パパが抱っこしているのに、ずっとママの方を見ていた」などの話を聞くと、安心できますよね。

もっと子どもと仲良くなる4つの方法

1.とにかく子どもの好きな遊びに付き合う
ママから提案したものに子どもが興味をもっていないと、プイっとどこかへいってしまいます。それが続くと、ママとの遊びが面白くないのかなと思いがち。子どもが興味をもっているものを使って遊び、ママも一緒に楽しむのが、親子の絆を育む一番の近道です。

2.子どもと二人だけの時間をつくる
ほかの兄弟といつも一緒だったり、ほかの親子と一緒に過ごすことが多い場合、子どもとママが一対一で過ごす時間が少ないため、ママと遊ぶことに慣れてない可能性もあります。少し意識して一対一の時間を作ってみてください。

3.目が合った時には笑顔で
ふと目が合った時にニコっとしたり、時には面白い顔をしてあげたりと、必ず何か反応をしてあげてください。ママがいつも気にかけてくれていると感じるだけでなく、ママの顔を見るのが楽しみになります。

4.否定的な言葉を避ける 
危険なことや、人に危害を加えるようなこと以外ではなるべく「ダメ」という言葉を使わないようにしましょう。例えば「走らないで」と言うより、「ゆっくり歩いてね」と言うといいですね。苦手なことやできないことがあっても、「もう少しでできそうだね」と応援してあげましょう。

医師からのアドバイス

子どもといっても、大人と同じようにいろんな子がいますよね。子どもがなついているかどうか分かりにくい場合もあるかもしれませんが、その子なりの、感情の変化に気付いてあげられれば、ママは間違いなく特別な存在になると思います。

(監修:Doctors Me 医師)