AFC U−23選手権カタール2016グループD第1節の2試合が13日に行われた。

 リオデジャネイロ・オリンピックのアジア最終予選も兼ねている同大会は、16チームが4つのグループに振り分けられ、1回戦総当りの試合を行う。各グループの上位2チームが決勝トーナメントに進出し、上位3チームにリオ大会の出場権が与えられる。

 U−23ヨルダン代表は三浦俊也監督が指揮するU−23ベトナム代表と対戦した。試合は39分にバハ・ファイサルが得点を挙げて、ヨルダンが先制する。後半に入ってもヨルダンのペースは続き、68分にオマール・マナスラー、72分にバハ・ファイサルが追加点。ベトナムの反撃を1点に抑えたヨルダンが、3−1で初戦を制した。

 もう1試合は、U−23オーストラリア代表とU−23UAE代表が対戦。試合は0−0のこう着状態が続いていたが、終了間際の84分にオーストラリアのジャンカルロ・ガッリフオーコがオウンゴールを献上。このまま試合は終了のホイッスルを迎え、UAEがオーストラリアを下した。

■グループD第1節結果(14日開催)
U−23ヨルダン代表 3−1 U−23ベトナム代表
U−23オーストラリア代表 0−1 U−23 UAE代表