足は体の中でいちばん汗をかきやすい部分です。乾燥する冬でも、意外に足だけは汗で湿っぽいということも多いもの。特にブーツを履くことが多い女性は、水虫になるケースが多くなっています。ここでは、オシャレガール必見の、水虫を防いで足の臭いを元から絶つ方法をご紹介します。

水虫になる原因は高温多湿のムレた足

水虫は皮膚病の一種でカビ(真菌)によって感染します。原因菌となるカビを白癬菌といいます。水虫の人が履いたスリッパを履いたり、床などを素足で歩くと白癬菌が付着しますが、すぐに水虫になるわけではありません。白癬菌は温度が15℃以上、湿度70%以上で繁殖しやすくなります。同じ靴を履き続けたり足に汗をかいたりすることで、高温多湿の水虫が発症しやすい環境ができるのです。

足の臭いのケアが水虫の予防になる

汗をかくと足に臭いがこもりがちですが、実は汗そのものが臭うわけではありません。足に付いた雑菌が皮脂をエサにして繁殖し分解されるのが臭いの原因です。つまり、足が臭う環境は高温多湿で水虫の原因菌も繁殖しやすい環境。足の臭いをケアすることが水虫の予防にもなります。雑菌を付いたままにせず、毎日、お風呂で足をていねいに洗いましょう。雑菌は特に汗が残りやすい場所、足の指と指の間などにつきやすいものです。1本1本の指の間まで洗うようにしましょう。水虫の原因菌も、付着してから皮膚の角質層に住み着くまで1日程度かかるといわれているので、毎日洗えば感染を防ぐことができます。

水虫予防には靴のケアも怠りなく

足にかいた汗は、靴下や靴にも吸収されます。靴下を毎日取り換えるのはもちろん、靴のケアも怠りなく。汗を吸収した靴は乾くまで1日〜2日かかります。毎日同じ靴では、かいた汗が乾く間がなく、水虫に感染しやすい環境を作っているようなもの。靴も毎日取り換えて、1日履いた靴は陰干しなどで乾かしましょう。足に汗をかきやすい方は、汗を吸収してくれる中敷きを靴に敷くといいでしょう。中敷きは毎日出して、乾かすようにします。

乾燥と清潔が足の水虫を予防して臭いを絶つコツです。毎日こまめにすれば、汗をかきやすいブーツも臭いを防止することができます。それでも臭ってしまうという方は、食生活が原因かもしれません。肉類を多く食べる方は、体が賛成に傾き体臭がきつくなります。そんな時は、魚や大豆製品など植物性のたんぱく質を多めに食べるようにしましょう。


writer:岩田かほり