その手があったか!ココナッツオイルの“揚げ”フードは意外な食感

写真拡大

 海外セレブや日本のトップモデルたちが愛用していることで人気を博した「ココナッツオイル」。実は、ココナッツオイルの利用方法の一つに、揚げもの用油として使うという目からウロコな方法があるんです!

 ココナッツオイルは、冷えると固まる性質があるため、揚げた後もベタベタせず、サラっとした食感が楽しめます。香りも良く、素揚げしてもおいしいといわれているのです。

 そんなココナッツオイルで揚げた「揚げパン」を手がけているお店も。それが、原宿の「COCO-agepan」というキッチンカータイプのプチ店舗。

 中に豆乳ホイップクリームをサンドし、ココナッツパウダーをふりかけたココナッツオイルの揚げパンは、シンプルながらもヘルシーで、べたつかずサラッと食べられると評判。

 とはいえ、自宅で揚げるときは通常のサラダ油のように大量に使うのは、ちょっとコスト高め。そんなときは、「揚げ焼き」といって、フライパンに少量のココナッツオイルで揚げる方法を試してみましょう。

 普通の鶏もも肉のから揚げの他、野菜の素揚げやアジフライなど、どんな揚げものでも使えます。サラリとした新鮮な味わいを、ぜひ一度味わってみてはいかがですか?