写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Pioneer DJは、プロDJ/クラブ向けマルチプレーヤー「CDJ-2000NXS」の音質や品質、機能をアップグレードした最新フラッグシップモデル「CDJ-2000NXS2」を発表した。価格はオープンプライスで、 2016年2月上旬発売予定。

同製品では、MP3、AAC、WAV、AIFFに加え、新たにFLAC、Apple Losslessに対応し、96kHz/24bitのハイレゾ音源再生が可能となった。スマートフォン、iPhone、PC/Macの他、フラッシュメモリーやハードディスクドライブなどのUSBストレージデバイス、SDメモリーカード、音楽CDやDVDに記録されている音楽ファイルを再生できる。

また、スピーディーな選曲と瞬時な楽曲展開の把握を可能にするため、高精細のマルチカラー液晶タッチディスプレイを採用。さらに、任意の位置から瞬時に再生する「HOT CUE」を最大8箇所に設定できるほか、同社の大型パッド搭載追加型DJコントローラー「DDJ-SP1」に、本機のパフォーマンス機能を割り当てる機能を搭載する。

このほか、最大4台のプレーヤーをLANケーブルで接続し DJパフォーマンスの幅を広げる「PRO DJ LINK」機能や、 DJプレイで使用する楽曲の事前準備も行える楽曲管理アプリケーション「rekordbox」にも対応している。

(内山秀樹)