ドローンを捕まえるドローン(動画あり)

写真拡大

ミシガン工科大学のチームは、「網を発射してドローンを捕まえるドローン」を開発し、デモンストレーション動画を公開した。

「ドローンを捕まえるドローン(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

ドローンが悪事を働こうとしたら、どうすればよいのだろう? 爆発物を積んでいる可能性もあるから、撃ち落とすのは危険だ。では、別のドローンを飛ばし、戦わせてはどうだろう? ミシガン工科大学のチームはこのように考え、「ドローン・キャッチャー」を開発した。

ドローン同士を戦わせるというアイデア自体はすでに存在する。ドローンを止めるための技術に特化した業界も、小規模ながら生まれている。しかし、ミシガン工科大学のロボット工学者モー・ラストガーと教え子たちは、「独自技術」としてこのデザインを考案した。

ラストガー氏がドローン・キャッチャーのアイデアを思い付いたのは2年前。サッカー・ワールドカップの期間中、混乱を起こそうとしている者がドローンを会場で飛行させないよう、狙撃手が防衛していると知ったことがきっかけだ。もっと良い解決策があるはずと考えたラストガー氏らは、網を発射するネットガンに目を付けた。ネットガンをドローンに搭載すれば、空中で別のドローンを捕まえ、運び去ることができる。

「2014年秋にプロジェクトを開始し、2015年1月にはシステムが完成しました」とラストガー氏は振り返る。「動画は2015年前半に撮影したものです。準備期間が限られていたため、概念実証用のシステムとして開発しました」

ラストガー氏と工学者のエヴァンドロ・フィカンハはドローン・キャッチャーの特許を申請しており、警察などがこの技術に関心を持つかもしれないと考えている。もし思惑通りにいかない場合でも、映画『マッドマックス/サンダードーム』に出てくる金網リングの闘技場「サンダードーム」のような空間で、ドローン・キャッチャーが別のドローンと決闘する未来が訪れるかもしれない。

関連記事:ドローン同士が空中で戦う「ドローン・コンバット」(動画あり)

TAG

Ars Technica USDroneVideo