写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トリニティは、同社NuAnsのスマートフォン「NEO」のカバー用3Dデータを、NuAns NEOWebサイト上にて無料公開した。

同3Dデータを利用することで、ユーザーは3Dプリンタなどで、手軽に自分だけのオリジナルカバーを制作可能となる。標準ラインナップと組み合わせる、好きな素材やカラーを使って上下ともオリジナルの組み合わせを作る、3Dデータに手を入れてスタンド機能を付ける、車載キットを追加するなど、多様なデザイン・バリエーションを生み出すことができるということだ。

なお、公開された3Dデータは、上下に分割されたTWOTONEカバー、および背面一体型のFLIPカバーの2タイプとなっており、いずれもファイル形式には「.igs」「.stl」「.stp」の3種のファイルフォーマットが含まれている。

(内山秀樹)