血圧が高めの人だけでなく、若い人でもメタボ気味や喫煙習慣のある人は冬の寒さには注意が必要です。 春や夏と同じように生活していると、急に血圧が上がることがあるからです。これをヒートショックといいますが、ヒートショックにはどんなリスクがあるのか、冬のどんなときに血圧が上がりやすいか、血圧を上げないようにするにはどうしたらよいかを考えてみましょう。

なぜ冬は血圧が高くなるの?

寒いと体温を逃さないようにするために、血管が収縮し血圧が上がります。特に高血圧気味の人は寒くなると高い数値を示すことがあるので注意が必要です。また年末年始めから1月一杯は忘年会や新年会など飲む機会も多くなります。アルコールを飲むと一時的には血管が拡張して血圧が下がります。これは、酵素によってアルコールが酸化されて、アセトアルデヒドが血液に増えて血管を拡げるからです。ところが長時間の飲酒によりアセトアルデヒドは少なくなり血管が縮み、血圧が上がるのです。

どんなときに血圧が上がりやすい?

血圧が上がりやすいのは、急に体が冷えるとき。たとえば朝起きて布団から出るとき、お風呂やトイレから出たとき、屋外に出るときなど。お風呂場やトイレの温度が極端に低い場合は、特に注意が必要です。朝起きがけに水で洗顔をしたり、朝起きがけに冷たい水を一気に飲んだりするなども体を冷やしますから高血圧の人には注意が必要な行動になります。

血圧を上げないようにする工夫

朝目覚めたらゆっくりと上体を起こして座り、上半身に毛布やカーディガンなどをかけて落ち着いてから布団から出るようにします。お風呂場やトイレが冷える場合は、小型のヒーターなどをつけて温めるか、おなかなどにホッカイロをつけて体を温めるとよいでしょう。洗顔はぬるま湯で、起きてすぐには水を摂るのをやめるか、冷たい水を白湯や常温の水に換えて飲むと体が冷えません。

冬の寒さが原因で起こりやすい急激な血圧の変動をヒートショックといいますが、これは脳の血管にも負担をかけ、脳卒中のリスクを高めます。若い人でもリスクはありますから、気をつけて生活してみてくださいね。


writer:松尾真佐代