ペットボトルでアフリカの街路を照らすプロジェクト「Liter of Light」

写真拡大

水と漂白剤で満たされたペットボトルでつくる、エコでサステイナブルな照明システム。2016年の挑戦は、シリアとネパールの復興に参加することだ。

「ペットボトルでアフリカの街路を照らすプロジェクト「Liter of Light」」の写真・リンク付きの記事はこちら

何百万もの家を、水と漂白剤入りのペットボトルで照らす。

3人の若きイタリア人たちが、プロジェクト「Liter of Light Italia」でセネガルに光を再び与えようとしている。

彼らを追跡するのは簡単ではない。セネガル滞在の後、2番目の行程のモロッコから帰国したばかりなのに、スーツケースの中身を取り出す間もなく、チュニジアへのフライトに飛び乗る。そこでは、環境持続可能性のある照明システムの実現可能性について、新たな調査を行うのだという。水と漂白剤で満たされたペットボトルが、太陽光を再現して、家や、電力網を欠くバラック街の照明となることができる。

「『Liter of Light』は、日中の自然の照明システムをスラム街やファヴェーラ(ブラジルの貧民街)に社会的レヴェルで普及させようとしている、最初で唯一のNGOです」と、Liter of Light Italiaの専務理事で、プロジェクトのヨーロッパ部門の責任者、ロレンツォ・ジョルジは語る。コアメンバーは23〜28歳の若者たちで、彼らは主に国際協力を目指した教育を受けている。

太陽光がボトルの中に入ると水の分子と衝突して増幅する。ブラジル人自動車整備工、アルフレード・モーゼルが2002年に発明したシステムで、その後、社会投資家イラック・ディアス(MyShelter Foundationの創設者)のおかげで、フィリピンの復興の際に広まった。

しかし、プロトタイプには日中しか機能しないという限界があった。13年、台風ヨランダ(平成25年台風30号)がフィリピンの大部分を破壊した際、夜間用にもなるシステムの特許を取得することが検討された。そこで、日が沈んでもLEDを点灯させるために、ソーラーパネルと、日中にバッテリーを充電することのできる回路を制作した。いまそれは、世界のあらゆる場所で簡単につくることができる。

当初、想定されていたのは、セネガルの農村地域での使用だった。そこでは、世界銀行によると、人口の半分程度しか(56.5パーセント)電力へのアクセスをもっていない。農村地域では、国の電力網とつながっている村落はさらに4パーセント以下にまで下がると推計される。

こうした地域に対して「Liter of Light」プロジェクトは、15年のクリスマスまでに120個の照明を寄贈した。アフリカに送られる回路は、ミラノのセヴェーリ-コッレンティ高校で製造された。イタリアの生徒と、プロジェクトの受益者となる彼らの同世代の間に、新たなつながりも生まれる。

さらにスペインではいくつかの会合に出席し、モロッコの女性企業家へ投資して、ミラノ万博の生物多様性公園やパリのCOP21(国連気候変動パリ会議)でのアポイントメント、さらにパレスティナ、ヨルダン、モロッコでの事前調査もある。

次の挑戦は、シリアとネパールの復興の主役となることだという。

「Liter of Light」には、イタリア以外に18のグループが、世界各国に存在する。目指すところは「社会的・経済的観点から持続可能なプロジェクトをつくることにより、地域コミュニティーを自立させて、この50年の国際協力で生み出された過保護主義の論理と戦うことだ」と、ジョルジは説明する。言い換えれば、人々に技術革新の教育を行い、自立したマイクロ事業を生み出すことを目指している。

「発展途上国は、彼らの成長に投資する人々に依存したままではなりません」と、彼は続ける。「男性も女性も、未来をつくり出すために必要なツールの所有者となってほしいと思っています」。そしてそれは、水と漂白剤入りのペットボトルにより郊外に光を取り戻させることから始まる。

TAG

AfricaDesignEcoElectricityMicro EnterprisesWIRED IT