2016年のIT戦略は、「攻め」と「守り」で考える

写真拡大

ITRでは、毎年行っているIT投資動向調査の結果、クライアント企業から受ける質問や依頼されるブリーフィングの内容、および各種のITプロジェクト支援の成果を加味し、多くの大手企業にとって重要と考えるIT戦略テーマを選定している。

「攻めのIT」と「守りのIT」

 多くの経営者は、既存のビジネスモデルや収益メカニズムが遠くない将来に淘汰され、次世代の新興企業やイノベーションを敢行する競合他社にとって代わられる危機感を持っている。組織の再編や再定義により、デジタライゼーションの機能強化を図り、これに備える企業も増加傾向にある。このように、国内企業における「攻めのIT」に対する感度は、ここ数年で格段に高まったといえるだろう。

 一方で、従来型のビジネスへ目を向けると、強いコスト抑制のプレッシャーのなか、サイバー攻撃、災害、コンプライアンスへの対応といった課題も依然として重要度が増してきている。こうした「守りのIT」も看過できる状況にあるとはいえない。

 これらの背景からITRは、企業が2016年に注目すべきIT戦略テーマを「攻めのIT」分野と「守りのIT」分野に整理して、以下のように設定した(図1)。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)