エジル、マフレズ、イガロ…12月のプレミアリーグ月間最優秀選手候補6名が発表

写真拡大

▽バークレイズは14日、12月のプレミアリーグ月間最優秀選手賞の候補選手6名を発表。今回のノミネートは以下の6選手となっている。

◆12月のプレミア月間最優秀選手候補

・MFメスト・エジル(アーセナル)

・FWマルコ・アルナウトビッチ(ストーク・シティ)

・MFリヤド・マフレズ(レスター・シティ)

・FWオディオン・イガロ(ワトフォード)

・FWロメル・ルカク(エバートン)

・MFデル・アリ(トッテナム)

▽エジルは、12月の5試合(4勝1敗)で1得点5アシストを記録し、チームの首位浮上に貢献した。また、ストークのアルナウトビッチは、全5試合(3勝1分け1敗)にフル出場し、勝利を収めたマンチェスター・シティ戦やマンチェスター・ユナイテッド戦でも得点を奪うなど、4得点1アシストの成績を残してチームに貢献した。

▽そして、レスター・シティの中心選手として好調なチームを支えているマフレズは、全5試合(3勝1分け1敗)に出場して6得点1アシスト。一方、ワトフォードのイガロは、全5試合(3勝1分け1敗)に出場して、その5試合すべてでゴールを記録し、12月だけで6得点を挙げた。

▽12月を1勝2分け2敗で終えたエバートンにとっては、非常に厳しい1カ月となってしまった。しかし、全5試合にフル出場したルカクは、その内の4試合でゴールを挙げて5得点を記録。そして最後の1人、トッテナムのデル・アリは、19歳ながらレギュラーの座を手中に収め、全5試合(3勝1分け1敗)に出場して2得点を奪った。