“いい奥さん”の子どもほど、“困った子”になる理由

写真拡大

“良き妻で、かつ、良き母である“人もいますが、中には出来過ぎた奥さんのため夫にあれこれ世話を焼くのと同様に、子どもに対して過保護になっているケースがあります。

夫へのイライラは、あることを認めると楽になる。簡単『夫ストレス』解消法

この場合気が利きすぎる人は、“夫にとってはよく気が付く良き妻であっても良き母ではない”つまり「良妻悪母」なのかもしれませんね。

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子がどうしたらよいのかお話ししたいと思います。

あてはまったら「悪母」の危険!? 良妻チェックリスト

□夫が脱ぎ捨てた衣服を畳む

□夫が出した新聞、雑誌を片付ける

□夫が風呂に入っている間に脱衣所に パジャマを置く

□夫が言わなくても冷たいビールを出す

□家事は全て妻がやる

□ハンカチ、テッシュなど必要なものを準備する

□忘れ物をしたら会社に届ける

該当するものが多い奥さんは「良き妻」です。旦那様はお殿様になれてとってもいいかもしれません。でも、これって子どもにはどうなんでしょう?

子どもに置き換えた場合

夫にやってあげることを同じように子どもにやっているケースです。

□「ママ、水!」と言っただけで水を出す

□パジャマを用意する

□脱ぎ散らかした衣服を拾って歩く

□「片付けなさい」と怒りながら「私がやった方が早いから」 とおもちゃの片付けをする

□タオル、コップ、連絡帳など通園かばんの中身のセットをする

□子どもが準備する前から「あれ持った?これ持った?」と忘れ物をしないように先回りして注意する

□忘れ物を学校に届ける

察しのよい奥さんは「よく気が付く最高の奥さん」かもしれません。でも、同じことを子どもにしてしまうと、子どもは一人で何も出来ない子に育ってしまう危険があります。

親が子どもも勉強道具の準備をしていると、忘れ物をしても親のせいにしたり、自分の持ち物管理がいつまでも出来なくなってしまいますね。

また、「ママ水!」「ママお風呂!」などの単語だけの呼びかけに反応していると語彙も増えませんね。

幼稚園に行く頃には、伝える練習をさせましょう

私は長年、生徒に授業をしていますが、トイレに行きたくなったとき、何人か必ず「先生おしっこ!」と訴えてくる子どもがいます。
何を言わんとしているのか私にはわかりますが 「え?おしっこ?立石先生はおしっこじゃあないけど?」とあえて取り合わないようにしています。

“きちんと話をする躾“をしておかないと本人が困ったときに相手に伝わるように話が出来なくなってしまうからです。

2〜3歳児であればそれでもよいのですが、もうすぐ小学生になろうする5歳児がこれでは困りますね。

家庭内でも子どもの要求がわかっても「喉が渇いたのでお水ちょうだい」「トイレに行きたい」ときちんと相手にわかるように伝えるように練習させましょう。

子どもの顔色を見ただけで何をしてほしいのかわかるママのような人がいつも傍にいるとは限らないからです。幼稚園や学校の集団の中で先生は一人一人の顔色を見て察してはくれません。子どもが困らないように先回りしていると、親の庇護がない場所で困ることになります。

喉が乾いても我慢したり、 苛められても黙っていたり、 困った状況になっても先生が気付くまで待っていたりします。自分から声を上げる習慣がないからです。

子どもが一人でもピンチを切り抜けられるように先回りして障害物を除かないで見守りましょう。ピンチの時は相手に伝わるように自らSOSを出せるよう、子どもを育てましょう。

手を出したり声をかけたりするよりも「黙って見守る」のは忍耐がいりますが、それが子どもを独り立ちさせることになりますよ。

将来を考えて、夫にも練習を

昔は“男子厨房に入らず”で「男は、炊事に手を出したり口を挟むべきではない。あれは、女の仕事だ。」と考えの人が多くいた時代がありました。こう言った考えの親元で育った夫は奥さんにこれを求めてくることもあります。

旦那さんが一人ソファーに座ってお茶を飲み、奥さんが独楽鼠のように動いているのに「新聞とって」「飯はまだ」と叫んでいるような光景です。

でも実は、“良妻は悪妻”かもしれません。
何故ならば夫婦だってどっちが先に逝ってしまうかわからないからです。

夫にあまり尽くし過ぎると、あなたが亡くなった後、お茶も湧かせない、石けんの在りかもわからない、パジャマも出せない…となってしまい、とても苦労するかもしれませんよ。

まとめ

察しが良すぎてママが一人忙しく動けば動くほど「やってもらえる」と思って自ら動くようにはなりません。

奥さんが気が利かない人でズボラで悩んでいる旦那様、でも、子どもにはかえっていいお母さんかもしれませんよ。