Doctors Me(ドクターズミー)- 女性に多い冷え…妊婦が冷え性だとどうなっちゃうの?

写真拡大

冷え性だと体調がイマイチだったり、代謝がよくないと気になってしまう人も多いと思います。お腹に赤ちゃんを抱えた妊婦さんになったら、なおさらですね。

今回は、お母さんの身体が冷えてしまうと赤ちゃんにどのような影響があるのか、どのように妊娠中の冷えを解消したらよいのか、について医師に聞いてきた話をお伝えします。

妊娠中はいつもより冷えやすい!?

妊娠中、特に初期は体温が高めのことが多いので、通常より冷えにくいと考えている人もいるかと思いますが、実はそうではありません。反対に、普段より冷えやすいといわれています。

1.体のバランンス
まずお腹が大きくなってくると、普段とは体のバランスが変わり、お腹を突き出し腰で重いお腹を支えるような体勢になります。この姿勢だと、特に腰回りの筋肉が凝り、血行が悪くなり、その結果冷えが出てしまうのです。

2.ホルモンバランス
妊婦の冷えの特徴として、顔や上半身はのぼせるほどなのに、特に足先を含む下半身はとても冷たい、といったバランスの悪い冷え方があります。妊娠中はホルモンバランスが目まぐるしく変化するため、身体がその変化についていけず自律神経が乱れ、体温調節がうまくいかなくなるのではないかといわれています。

妊娠中の冷えは、どんなことに影響する?

妊婦さんの身体が冷えてしまうと、いろんなことに影響を及ぼします。

1.便秘
身体が冷えてしまうことにより、ただでさえ便秘になりやすい妊婦さんが、更に便秘がひどくなってしまう可能性があります。特にあまり薬は飲みたくない妊娠初期には、本当に困った問題です。

2.つわり
個人差はありますが、何とつわりも冷えによって悪化しやすいともいわれています。ただでさえつらい吐き気、異常なだるさ、眠さが、冷えのせいで余計につらくなってしまうことがあるのです。

3.腰痛
冷えは痛みにも影響し、身体が冷えると腰痛を強く感じたり、陣痛が有効な陣痛になりにくく、難産になる可能性まで懸念されています。

冷えの対策はどうすればいいの?

・薄着を避け、特にお腹、骨盤の辺りは冷やさないようにすること
・主治医に相談のうえ、軽いウォーキングなどの運動をすること
・シャワー派からお風呂派に切り替え、ゆったり湯船につかること
・冷たい飲み物・白砂糖の多いものは控え目にすること

【医師からのアドバイス】

さまざまな工夫で身体をしっかり温め、冷えを寄せつけないようにしましょう。少しでもより快適な妊婦生活をお過ごしください。
(監修:Doctors Me 医師)