フィーチャフォン「Simple 2」を3機種投入

写真拡大 (全10枚)

 FREETEL(フリーテル)ブランドを展開するプラスワン・マーケティングが2016年の事業計画説明会を開催。同社の増田薫社長が新しいSIMフリー端末やSIMカードのサービスなどを発表した。

 初めに増田氏は昨年の成果を振り返りながら「FREETELのブランド名を浸透させることができた一年だった。当社は“SIMフリーキャリア”としてFREETELを訴求している。つまり、これまで多くの方々が親しんできた大手キャリアのように、MVNOながらも端末や通信サービスを充実させ、サポートまでワンストップで提供できるブランドであるという“違い”をこれからも見せていきたい」とした。

 さらに昨年発売したSAMURAIシリーズの端末は「雅/MIYABI」「極/KIWAMI」ともに好評を博したことから、2016年もさらに強化していくことを宣言。後述する2016年の戦略のスタートダッシュの中に位置づけられる新端末も発表した。

 また昨年実現した世界進出についても触れた増田氏は、カンボジアのSeatel社との連携を通じて、カンボジアのMVNO市場でも成功と呼べる成果を残したことを強調。年末に発売した「Priori 2 LTE」が3週間で完売したことから、今年もさらに多くのラインナップを積極投入したいと意欲をみせた。

 SIMカードによる通信サービスは「“最安値エントリー”として、爆速にこだわりながら強みをアピールしたい」と意気込む。大手量販店のヨドバシカメラでは6か月連続でシェア1位を獲得。訪日外国人専用のプリペイドSIMも12月に発売し好評だという。

 店舗展開としては端末やSIMカードの販売だけでなく、販売後のユーザーサポートも提供するFREETELコーナーを大手量販店を中心に開設。「その場でSIM開通、MNPも対応できるかたちにした。MNPの待ち時間を5分に短縮して、素早くご契約できるサービスを提供している。端末とSIMを一体としてサポートできるのもFREETELの強み」と増田氏は説いた。

■デュアルディスプレイでAndroid搭載の“ガラホ”「MUSASHI」など新端末を発表

 2016年の展望については増田氏は「今年はさらにMVNO市場が全体が伸びて、SIMフリーが一般化すると言われている。15年は単月でNo.1を取ることもあった“SIMフリーNo.1”の座を今年は年間を通じて守り抜きたい。さらに端末も年間を通じて1位を継続してキープする。海外ではさらに本格展開を広げる。このところ日本のメーカーは元気がないと言われることもあるが、端末・SIMともに当社が世界をリードする意気込みでビジネスに力を入れていきたい」と語った。

 さらに今年の1月から3月にかけて発売する新製品も紹介。別項ニュースでもお伝えしている5インチのAndroidスマートフォン「Priori 3S LTE」のほか、Android 5.1を搭載する“ガラホ”のSAMURAIシリーズ「MUSASHI」を発表。同社プロダクト部執行役員の佐々亜紀隆文氏が「往年のショーン・コネリーが演じた007のアイテムを思わせる、スーツ姿にも映えるスタイルを意識した」と語るスタイリッシュなデザインを特徴として掲げる。画面を本体上側の前後両面に搭載する“デュアル4インチ・タッチパネル仕様”を大きな特徴とし、ダイアルボタンなど物理キーパッドも備える。ディティールにもハンドリング性を追求して、シニア層にフリーテルのユーザー拡大を狙う戦略的な位置付けの端末だ。

 さらにシンプルな操作性のフィーチャフォン「Simple 2」も今年の新ラインナップとして計画されている。増田氏は「フィーチャフォンも今年は最大3機種を投入したい」と宣言した。

 ユーザーサポートの強化策についても触れた増田氏は「いまは携帯電話が故障した際、翌日お手元に届くタイムスケールでサービスを運用しているが、現代社会では携帯電話はいつでも手元にないと不安なもの。そこで、可能なエリアからということになるが、新たに『1時間配送サービス』を展開する。また中古携帯電話の『買取サービス』もはじめる」とした。

 SIMカード系のサービスについては、中国からのインバウンド観光客に向けてのメッセージアプリ「WeChat」が使い放題になるプリペイドSIMを1月25日に発売する。また近日中にはFREETELの新しいSIMの料金プランも発表されるようだ。

 海外展開については北米やアジア、中東に展開地域を拡大。増田氏は「アメリカでも積極的に端末を販売していく。現地の大型家電量販店でも2月〜3月ごろのローンチが決まっている」と計画を明らかにした。アメリカでは「KIWAMI」と「MUSASHI」の2ラインナップでスタートする。さらに2月にスペイン・バルセロナで開催される「MWC 2016」に出展する計画も明らかにされた。カンボジアのSeatel社とのパートナーシップもさらに強化しながらランナップを拡充。今年には50万台の販売を見込む。

 増田氏は「去年は多くの方々にFREETELを知っていただいたが、今年は製品とサービスをさらに拡充したい。4人で立ち上げた当社は、いまや世界各国から200人の従業員が集まる企業に成長した。今年も一丸となって面白い端末やSIMカードのプランをユーザーにお届けしていきたい」と抱負を語った。

■関連リンク
フリーテル