写真提供:マイナビニュース

写真拡大

USENは1月14日、エビソルと業務提携し、飲食店向け予約サービス「USEN Reservation」を1月中旬にリリースすることを発表した。

同サービスは、エビソルが提供する飲食店向け予約台帳「ebica(エビカ) 予約台帳ebica lite(エビカ ライト)」をUSENのコンセプトとマッチングさせ、よりシンプルな操作ができるよう開発された製品とされている。

同サービスは、iPad用予約台帳アプリとなっており、店舗ごとに用意されるweb予約ページに、予約台帳の空席状況が表示され、「リアルタイム予約」を受け付けることができるようになる。また、予約せずに入店した顧客情報も管理することができる。

なお、同サービスはUSENが運営するグルメサイト「ヒトサラ」や、iPad対応のクラウド型多機能レジアプリ「USEN Register」とも連携でき、これによって集客および予約から当日の接客時のおもてなし、オーダー内容の管理、会計までを一気通貫で管理することが可能としている。

「USEN Reservation」の利用料金は、初期費用が2万円、月額費用が1万円/店舗となっている。

(辻)