肉食女子にねらわれる「デキる男」の共通点は(イラスト:サカタルージ)

写真拡大

オトコの最大のコンプレックス「男性器」にまつわる都市伝説は無数にある。「右曲りは出世する」「根元にホクロがあると金回りはいい」「デブは小さい」「鼻の大きい男はデカい」「いや、鼻の大きさより鼻の下の長さだ。鼻下長は陰茎長に比例する」などなど。中でも最も本当らしく広まっているのが「指の長い男は男性器も大きい」だが......。

答えは、「半分ホント、半分ウソ」といったところか。男性器の大きさとの関係は不明だが、指の長さと男性ホルモンについては、医学・心理学・性科学・人類学など様々な学問の分野から研究した調査がたくさんあり、両者は相関関係があることがほぼ定説になっている。

ビジネス・スポーツ界の成功者の秘密は「2本指の法則」にあった

その草分け的研究が、2007年にイギリスの心理学者ジョン・マニング博士が発表した「2D/4D比の2本指の法則」である。「2D」とは英語で親指から2番目の指、つまり人差し指のこと。「4D」とは4番目の指、薬指のことである。「2D/4D比」とは、この2本の指の長さを比較した数値で、人差し指より薬指の方が長い人ほど男性ホルモンの代表格であるテストステロンの数値が高いという。つまり、いわゆる「男らしい」「男性度が高い」というわけだ。

あなたも指先から付け根までを測って、人差し指の長さを薬指の長さで割ってみてはいかが。1より小さい数値ほど薬指の方が長く、男性度が高くなる。ちなみに日本人男性の平均は0.95である。

では、なぜ薬指の長さが重要なのか。指の長さの比率は母親の胎内にいる時に決まってしまう。人間の体の基本形は女性で、胎児期にはまず女性として作られる。途中で、男性になる人は女性の性腺が精巣へと分化、精巣から分泌される男性ホルモンのテストステロンによって男性としての体が作られていく。

薬指が人差し指より長い女性は「肉食系」かも

その際、母体の中で一時的にテストステロンの量が急激に増える。この「テストステロン・シャワー」をどの程度浴びたかによって、薬指の長さが決まる。薬指の皮膚は、テストステロンへの感受性が高いからだ。一方、人差し指は女性ホルモンンの感受性が高く、母体の中で女性ホルモンのエストロゲンのシャワーを多く浴びると長くなる。だから、一般的に女性は人差し指の方が薬指より長い。あなたの周囲に薬指の方が長い女性がいれば、男性度が高い「肉食系女子」ということになるかもしれない。

マニング博士は、ビジネス界やスポーツ界で成功した男性たちの指の長さを測った。ロンドンの金融街シティで活躍する株式トレーダーを調べると、収入の多い人ほど薬指が長い傾向がみられた。「男性ホルモンの高い分泌作用によって、果敢に攻撃的に取引した結果だ」というわけだ。サッカー選手も同様だった。この「2D/4D比」は、世界各地で多くの研究者によって追跡調査されている。たとえば、アフリカのサバンナで生活している部族の婚姻関係を調べると、薬指の長い「肉食系」の人は男女ともに初婚年齢が早い傾向がみられた。「性的成熟が早い」「セックスに積極的」と分析されている。

合コンでは、ぜひ指の大きさをチェック!

ただ、マニング博士は、ビジネスやスポーツ界の成功者たちの男性器の長さまで1つ1つ調べたわけではない。「2D/4D比」の本の中で、「薬指の成長因子と男性器の成長因子には関係があるかもしれない」と示唆しただけにすぎない。出版した本の主眼は「男性ホルモンの高さが、薬指の長さに表れる。それが人間の健康問題や社会活動全般に影響を与えている」という点にあり、ヒトの進化や歴史をテーマにした壮大な物語だったのだが、「男性器の大きさに表れる」という面白おかしい説だけにスポットが当たり、独り歩きしたのだ。実際、追随するほかの研究でも「男性器の大きさ」まで比較調査したものは見当たらないようだ。つまり、男性ホルモンが高いと男性器も大きい、と立証されたわけでないのだ。

とはいえ、薬指を見ればある程度「男性度」がわかる。将来性のある男性を探して婚活中のあなた、合コンの時は、手相を見て上げるふりをして、薬指をチェックしてはいかが。