大丸東京店では、期間中に120種類もの恵方巻きを販売!米沢牛のステーキとすき焼きが一度に味わえる“ハイブリッド恵方巻き”も

写真拡大

年々盛り上がる、恵方巻き市場。大丸東京店の食品売り場「ほっぺタウン」では、昨年を超える約120種類ものバラエティ豊かな恵方巻きを取りそろえ、1月20(水)から2月3日(水)の節分まで販売する。

【写真を見る】米沢牛だけじゃない!ズワイにタラバのカニ尽くし恵方巻き

「同じ具だけだと、1本の途中で飽きてしまうのでは?」という人向けに、1本の左右に異なる具を使うことで2種類の味が楽しめる“ハイブリッド恵方巻き”や、「もっと面白い恵方巻きを食べたい!」という人向けには変わったネーミングやクレープ生地などの変わり種恵方巻き、百貨店ならではの「これでもか!」というほど豪華な恵方巻きなど、思わずまとめ買いしてしまいそうなラインアップ。今回は、特に注目したい5つの恵方巻きを紹介する。

■ ステーキ×すき焼きのハイブリッド恵方巻き

味の梅ばちで販売される「米沢牛ハイブリッド巻き」(2000円)は、米沢牛のステーキとすき焼きを1本の恵方巻きで食べ比べできる。肉好きには一番幸せを呼んでくれそう!?

■ 数量限定のカニ尽くし恵方巻き

札幌かに家は2月3日(水)のみ、「一本勝負かに巻き」(3780円)を販売。タラバガニとズワイガニを使い、表に巻いたズワイガニの脚は圧巻!数に限りがあるのでカニ好きは確実にゲットしたい。また、同日販売される「タラバとズワイのハーフ&ハーフ」(1944円)はハイブリッド仕様。半分ずつ具が違うので、1本で2種類のカニをしっかり食べ比べできる。

■ 厄除けにも?アッカンベー巻き

銀座 萌黄亭の「厄除けアッカンベー巻き」(ハーフサイズ2本、888円)は、2月3日(水)だけの限定販売。スモークサーモンを舌に見立て、災いが来ないよう“アッカンベー”しているかのようなユニークな恵方巻き。豊川稲荷でご祈祷したという海苔を巻いて厄除けに効果があるかも!

■ ガレット生地の西洋風恵方巻き

西洋銀座からは、一風変わった「西洋ロール」(1512円)が登場。黒トリュフ、イベリコ豚の生ハム、紅ズワイガニを、そば粉のガレット生地で巻いたおしゃれな恵方巻き。クレープみたいなガレット生地は新鮮!1月29日(金)から2月3日(水)まで販売され、各日限定数ありなので早めにゲットしよう。

■ 甘くて幸せ!スイーツ恵方巻き

メルヘンの「花園饅頭のぬれ甘なっとと苺ロール」(237円)は、サンドイッチ用のパンにイチゴと銘菓「ぬれ甘なっと」を巻いたロールケーキ。小豆のほっこりする甘さとイチゴがバランスよく組み合わさった。2月3日(水)までの期間中、常時販売されるのでおやつにいかが?

その他、イセエビがまるごと1本入った「豪華伊勢海老丸ごと1本巻」(8640円)や、米沢牛のプルコギや大間産本マグロを使ったグルメな恵方巻きも販売!今年一番の一品を見つけよう。【東京ウォーカー】