12日、中国上海の地下鉄駅のトイレ洗面台で中年女性が魚を洗ったとして話題となっている。

写真拡大

2016年1月12日、中国上海の地下鉄駅のトイレ洗面台で中年女性が魚を洗ったとして話題となっている。新聞晨報が伝えた。

上海地下鉄2号線の金科路駅の監視カメラには、確かに同日午前に魚を持ってトイレに入って行く中年女性の姿が映っていた。トイレを利用したネットユーザーは「洗面台の至る所に血が飛び散り汚れていた」と書き込み、ネットでは中年女性が洗面台で魚をさばいていたとのコメントも見られた。これに対して、魚を持ってトイレに入る中年女性を発見した駅の清掃員は、洗っていただけだと証言している。洗面台は同清掃員が掃除した。

駅職員は「駅の近くにスーパーがあり、魚はおそらくそこで買ったのだろう。購入後に汚れがあったためトイレの洗面台で洗ったものと思われる」と述べ、駅トイレの洗面台で食べ物を洗わないよう呼びかけた。ネットでは女性の行動を批判する声がある一方で、寛大に受け止める声も多く見られている。(翻訳・編集/内山)