14日、あるTwitterユーザーが、CoCo壱番屋が異物混入品の転売騒動に対して取った対応を評価する投稿をして、話題を呼んでいる。

CoCo壱番屋は13日、廃棄処分したはずの冷凍カツの一部を、産廃処理業者が不正に転売していた事実を公表した。該当のカツには工場の部品が混入した可能性があり、CoCo壱番屋側が産廃業者に廃棄を依頼していた。

しかし11日、同社の社員がスーパーで問題の製品を発見したため、事態が発覚したのである。

Twitterユーザーは、社員が不正の事実を掴んでから、CoCo壱番屋が事件の全貌を発表するまで、わずか1日半ほどの時間しかかからなかったことを、「とんでもなく迅速な対応」と評価している。

その上でユーザーは、製品に何かの問題が生じた場合、CoCo壱番屋は全廃棄の対応を取ることが今回の発表で分かったことから「むしろココイチの信用が上がってる」と感想を述べている。
このツイートは、14日15時の時点で6100件以上のリツイートと、2200件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で話題となっている。

【関連記事】
マクドナルドのポテトに異物混入か Twitterユーザーが画像付きで告発
伊集院光がペヤングの″フライング販売″についてペヤング側を擁護
ビートたけしが相次ぐ食品への異物混入問題に違和感