乾燥が気になるこの季節。保湿しても保湿しても粉が吹いちゃうなんてことも。そんな人におススメなのが「たっぷりクリーム美容法」。お化粧乗りが違う! 冬なのに肌がモチモチ! と嬉しい声が続々なんです。

冬は保湿だけじゃ全然足りない

いくらヒアルロン酸やコラーゲンなど水分を抱えてくれる成分が豊富なお化粧水を使っても、ちゃんとフタをしないと水分はどんどん蒸発するように逃げてしまいます。取り込んだ水分を内側に閉じ込める働きをするのが油分。お肌には天然の油分の皮脂があって、皮脂でお肌の水分が蒸発しないようにしています。しかし不規則な生活やストレス、洗顔のし過ぎなどで皮脂と水分のバランスが崩れると「脂っぽいのに乾燥する」「乾燥が止まらない」といったトラブル肌になってしまうのです。それでも保湿保湿と水分ばかりを与え過ぎては、油分が足りないためにもっともっと蒸発して乾燥を強める悪循環に陥りかねません。

クリーム美容その1「水分と油分をたっぷり与える」

夜のお手入れの際、化粧水の後にクリーム(美容液やオールインワンジェルではない)をたっぷり塗ります。クリームは高価なものでなくても構いません。プチプラなのに高級クリームと同じ成分のニベアクリームは大人気ですよね。ニベアでパックするつもりでたっぷり塗り、ちょっと放置して残ったものは湿らせたコットンで丁寧に取り除きゆっくり眠りましょう。翌朝はぬるま湯のみでしっかり洗顔します。お肌がやわらかくツルっとなります。ただしあまりにオイリースキンの人にはこの方法は不向きとされますので自分の肌質を見極めてくださいね。

クリーム美容その2「洗顔後はクリームのみ」

洗顔後の水を拭き取っていない肌にクリームを塗る方法。これが意外に好評で、乾燥肌に悩んでいた人も「肌がモチモチになった」「すこぶる肌の調子が良い」との報告が続々。水分を与え過ぎず、油分でフタをしてあげることで、肌本来の正しいバランスに戻すのです。乾燥だけではなく、大人ニキビなどの肌トラブルが改善したとの声も。クリームの変わりにオイル美容液でも同じような効果が得られます。

個人差があるので、どちらか試してみて合う方法を取り入れてみてください。油分は酸化するので、翌朝の洗顔はきちんと行いましょう。ツヤツヤの肌はやっぱり若く見えますし、乾燥に悩んでいる人はぜひ試してみてくださいね。


writer:しゃけごはん