小型スピードセンサーを搭載したカラーバリエーション豊富なモデル

写真拡大

ヤマハ発動機(静岡県磐田市)は、通勤通学に適した電動アシスト自転車「PAS Ami(パス アミ)」(11万9880円、税込=以下同)「PAS CITY-L5(パスシティ エルファイブ)」(12万3120円)、「PAS CITY-S5(エスファイブ)」(11万6640円)、の3機種を2016年1月13日に発売した。3機種とも、軽量かつスタイリッシュなアルミ製フレームに"GREEN CORE(グリーンコア)"コンセプトをベースにした軽量・コンパクト・高性能のドライブユニットを搭載した。

軽量・コンパクト・高性能のドライブユニットを搭載

「Ami」は大人の女性のかわいらしさをイメージしたシックなカラーと、中学生、高校生の通学にも対応したポップでキュートなカラーの2ラインアップで展開するファッショナブルなモデル。サドル形状を変更することによって、クッション性と足つき性がアップした。

「CITY-L5」は通学に便利な機能や内装5段変速を採用した27型のカジュアルモデルで「CITY-S5」はアイキャッチカラーを織り込んだカラー展開で、スポーティなスタッガードフレームや内装5段変速を採用したスタイリッシュなモデル。

いずれもパワフルで軽やかな乗り心地を実現した。さらに、ギアポジションに合わせてきめ細やかな制御を叶えてくれる独自機構「S.P.E.C.(スペック)」やトリプルセンサーシステム、3ファンクションメーター(速度・残りアシスト走行可能距離・バッテリー残量表示)などの従来から好評の機能はそのまま継承した。