身体を張った守備を見せる遠藤。一時はインフルエンザから復帰したばかりで欠場も考えられたが、終盤は守備で存在感を放った。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

「ハラハラドキドキの大会になる。まさしく予言どおり」
 
 試合を終え、記者団の前に現われた手倉森監督の第一声が五輪最終予選の初戦・北朝鮮戦を端的に物語っていた。
 
 ゲームの入り方はまさに理想的だった。「北朝鮮に得意なロングボールを蹴らせないためにも、プレッシャーかけたい」(遠藤)と、積極的にボールを奪いに行き、相手のミスを誘発させる。そして5分には入念に準備してきたCKから植田が先制点を奪った。
 
 アシストした山中は「狙いどおりの形」と振り返り、CBを務めた岩波も「今日はセットプレーで点を奪って1-0で勝つというゲームを目指していた」(岩波)と口を揃える。
 
 ただ、「最初に点を取れて良かったが、逆に取らなかったらもう少し自分たちのサッカーができたのかなという気もする。点を取って、意識が一気に守備にいってしまった」(手倉森監督)と、その後、日本はラインをズルズルと下げ、幾度となくピンチを迎えた。
 
 早い時間帯での先制点が選手たちから前へ仕掛ける意識、ボールをつなぐ意識を奪ってしまったのだろう。それでも北朝鮮の猛攻を日本は撥ね返し続けた。
 
 その背景には「押し込まれた時に、みんな焦っていたわけではなく、意外と落ち着いて、問題ないと話しながらやれていた。もちろんシュートを打たれたり、本当に危ないシーンもあったが、ゼロで抑えられる、大丈夫だという雰囲気がチームにはあった」と遠藤は話す。
 
 この落ち着きは、守備面に力を入れてきたこれまでのチーム作りに起因するものだ。大会前には得点力不足などネガティブな面がクローズアップされたが、北朝鮮戦では歯車が上手くはまった印象を受けた。
 
 その点は指揮官も肯定する。
 
「ディフェンスから構築してきたチーム。取れなかったら取らせるなという話はしてきて、派手に勝てるチームでない謙虚さが、泥臭く1点を守り切ることにつながったと思う」
 もっとも、撃ち合いや華麗なパスワークで相手を攻略する形を期待していた人たちには退屈なサッカーに映ったはずだ。熱い気持ちは伝わってきたが、内容は褒められたものではなかった。
 
それでも五輪出場を懸けた大会で重要視される結果は手に入れた。北朝鮮に長い時間攻め込まれながらも、勝点3を奪ったチームは高く評価されて然るべきだろう。
 
これまでU-16アジア選手権やU-19アジア選手権などで敗退を繰り返してきた選手が多い今代表にとって、初戦の勝利は予想以上に意味がある。
 
そして今後も“割り切った戦い方”は継続していく必要がある。誤解を恐れずに言わせてもらえば、内容は決して良くないものであっても、結果を外さない戦い方を選択していくべきだろう。そうすれば五輪出場の道は大きく開くはずだ。
 
五輪に出るだけでは意味がないという意見もあるかもしれない。だが、U-17、U-20で世界大会を経験できていない影響は選手育成に予想以上に波紋を広げている。日本サッカーの今後に明るい展望をもたらす意味でも、“手倉森ジャパン”には結果を出してもらう必要がある。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)