『スタバ株は1月に買え!』という著書もある夕凪氏。スタバ株に限らず、イベント投資は売り時を誤ると株価が下がってしまうので、タイミングをハッキリ見極めることが不可欠だ
広がり続ける格差や給料頭打ちの経済情勢なぞどこ吹く風と言わんばかりに、アグレッシブに資産を増大させているミリオネア投資家たち。そんな彼らの独自の投資戦略、そして資産形成術と勝負のタイミングを知ることで、億超えへの道を探る!

【テーマ株 夕凪氏】
総資産1億円以上/投資歴16年
直近1年の騰落率 +70%

 わずか30万円という投資資金から始めて億超えを果たしたという夕凪氏。しかし、その道のりは決して平坦ではなかった。

「前に勤めていたIT系の会社でアメリカのシリコンバレーに赴任したんです。向こうではサラリーマンが投資をするのは一般的で、職場でもみんな暇さえあれば株について語り合っていました。ちょうどネット証券も普及し始めたので、言葉の壁もなくなり、ITバブル直前の’99年に株式投資にチャレンジしました」

 当時はまだ赤字企業だったアマゾンなどのIT企業に投資すると、株価はぐんぐん値上がりし、あっという間に投資金額は倍になった。

 しかし、バブルに乗るだけで大儲けできるほど甘くないのがこの世界。翌年、ITバブルが崩壊すると、ついには元の投資額を割り込むほどに。耐えきれなくなった夕凪氏は、帰国と結婚を機に株式投資の世界から離脱した。

「優良企業なら落ちないと思っていましたが、『○○バブル崩壊』と名のつくものは、財務内容に関係なく株価が下がります。耐えきれなかったのは残念でしたね。帰国してからはしばらく仕事に没頭していましたが、失敗したことが悔しく、何か新しい方法はないかと考えていました。そこで“コバンザメ投資法”について書かれた『東証1部昇格銘柄を事前にキャッチして資金を5倍にしたJ-Coffee投資法』(あっぷる出版社)という本に出会ったんです」

 業績やその予想、チャートではなく、「東証2部から1部に昇格するときに株価は上がる」といった法則を解説したこの本にインスピレーションを受けた夕凪氏は、再び30万円を元手に株式投資にチャレンジした。

「法則といってもすべてに共通するわけではありませんし、値上がりする銘柄ばかりではなく、株価が上がるまでの時間もまちまちでした。そこで自分なりに検証し直した結果、銘柄の時価総額がカギになっていることなどを発見したんです。また、このころ株主優待がほしくて保有していたスタバ株などの動向に特徴があるということにも気づき始めました」

 こうして誕生したのが、今や夕凪氏のトレードマークとなった“イベント投資”だ。

「イベント投資は、これまで一般的に『特殊需給』などと言われてきたものを再解釈したものです。たとえば株主優待を取りにいく投資家の動きによって、権利確定日に向かって株価が上昇する……など、イベントによって需給動向に変化が出る現象ですね。バレンタインデーがあれば人は必然的にチョコを買いに来ますよね? それと同じで、投資家が買いたくなるイベントに合わせて、株を仕込むわけです」

 こうしたイベントは必ずやってくるため、株式市場の動向に左右されないのも魅力的だ。30万円から再スタートした夕凪氏は、わずか数年でキャッシュで家を買えるほどまでに資産を増やすことに成功した。

「コツコツ安定して稼げるのがイベント投資の特徴ですが、短期間で億超えを狙うなら、まずは分散せずに集中投資するのが絶対条件です。ほかにはバブルのような上がり方をするときは、高値をつけた銘柄が、より高値を更新することが多いです。ですので、年初来高値を更新したイベント投資対象銘柄を狙うのもいいと思います。私自身、アベノミクス相場のときは全力で買いにいって、大きな利益をあげました」

 その結果、’12年には会社を退職した夕凪氏。現在は専業投資家として活躍している。