写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アイレットは1月13日、Amazon Web Services(AWS)の各種プロダクトを利用する際の導入・設計から運用保守を含むフルマネージドサービスの「cloudpack」に「AWS Direct Connect」とユーザーが利用している専用線を利用し、AWSの東京リージョンとユーザーのデータセンターやオフィスを直結する専用接続サービスの新プランを開始した。

AWS Direct ConnectはAWSとデータセンターやオフィス間などにプライベートな接続を確立しており、帯域幅のスループットを向上し、インターネットベースの接続よりも一貫性のあるネットワークを提供。

cloudpackは2012年4月からNTT東日本およびNTT西日本が提供するブロードバンドサービス「フレッツ光」「フレッツ・VPNワイド」を利用した「専用接続プラン with 光」を提供している。今回の新プランでは、エクイニクス・ジャパンのデータセンターまで接続する回線事業者を限定せず、IP-VPNや広域イーサネットなどの専用線で使用することを可能としている。

サービス内容はエクイニクス・ジャパンの東京ロケーション、または大阪ロケーションのラック共有利用、L2スイッチの共有利用、AWS Direct Connectの共有利用、1カ月のAWS Direct Connect 100GBまでの流量、ラック内に設置したユーザー所有のルーター機器の監視・運用(1Uサイズまで)となる。

価格はいずれも初期費用は無料で1Gbps共有100Mbpsシングルプランで月額12万円(税別)、1Gbps共有100Mbps冗長プランで同16万円(同)、1Gbps専有シングルプランで同17万円(同)、1Gbps専有冗長プランで同29万円(同)。

L2スイッチについては共有プランのみcloudpackで用意している機器の利用が可能だが、専有プランの場合はユーザーが検討している構成によってはL2スイッチ、もしくはL3スイッチ、メディアコンバーターの設置が必要な可能性があるため事前相談の必要があるという。

また、AWSとユーザーの専用線をつなぐラック内に設置するルーター機器はBGP(Border Gateway Protocol:ボーダー・ゲートウェイ・プロトコル)とPPPoE(Point-to-Point Protocol over Ethernet:イーサーネット上に2点間の接続をカプセル化する通信プロトコル)に対応し、100Vで動作するものとしている。