左MFで先発した中島は試合終了の瞬間までフル稼働するも、「トラップミスもあった」と反省を口にした。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 背番号10番を背負った男は、北朝鮮戦に左MFでフル出場。後半に入ると鋭いドリブルで攻撃の起点となり、守備でもハードワークを一切惜しまず勝利に貢献するも、試合後に「もっとできた」と課題を口にした。ここでは、攻守両面で奮闘した中島翔哉のコメントをお届けする。

【リオ五輪予選PHOTOダイジェスト】日本 1-0 北朝鮮

中島翔哉(FC東京/MF)
 
――大事な初戦を勝ちましたね。
 
「もっとできたかなと思います。自分の中の理想としては、勝つだけがサッカーじゃないので。良いプレーをして勝たないと、これから先が厳しくなってくると思う。次はそういうものを見せたいですし、少しでも良いサッカーを見せて勝ちたいです」
 
――身体が硬かったという選手が多かったですが、どうでしたか?
 
「そういうのはなかったです。ただ、トラップミスもありましたし、自分のプレーを振り返ると、そういう部分(硬さ)があったのかなと思います。でもアジアなので、これでオリンピックに行って初戦でこんなプレーをしたら大敗していると思うので、そこも考えつつ、いつもどおりの気持ちでやることが大事かなと思います」
 
――最終戦予選ということで、今までの試合と雰囲気が違いましたか?
 
「本番と練習試合ではかなり違いと思いますし、北朝鮮の応援も大きかった。でも、そういう雰囲気のなかで勝てたのは良かった」
 
――セカンドボールを日本は拾いにくそうでしたが?
 
「長いボールが多すぎたというのもあります。そこはみんなで話し合って、話し合えば解決すると思うので、その課題を次に活かしたいと思います。受けれるポジションに立っているつもりでも、後ろの人から見たらパスを出せないとか、そういう場面もあったと思う。そこは話し合って、みんなで解決していきたい」
 
――次からの試合では、もっとつないで崩したいと。
 
「つなぐだけがサッカーじゃないですけど、状況に応じたプレーをして、それをどう成功させてゴールに迫っていくか。そこを見せたいと思います」