[1.13 リオデジャネイロ五輪アジア最終予選GL第1節 U-23日本 1-0 U-23北朝鮮 グランド・ハマド・スタジアム]

 苦しみながらも、U-23日本代表が白星発進を決めた。日本は開始5分のセットプレーで、DF植田直通がボレーシュートを決めて先制。時間が進むにつれて北朝鮮の猛攻を受ける形になったが、何とかしのぎ切り、6大会連続の五輪本大会出場への一歩を踏み出した。

 後半アディショナルタイムにもゴール前で与えたFKがわずかに枠右に外れるなど、最後まで肝を冷やされた日本代表。手倉森誠監督も疲労困ぱいの様子でインタビューに答えた。

 ただ、勝利という結果を得たことは何よりも大きい。指揮官も「勝てたことがすべて」と話すと、「苦しんだ分、これ以上苦しいことはないという感じでリラックスさせたい」と中2日で迎える第2戦のタイ戦に目線を向けた。

 そして、キャプテンのMF遠藤航も勝ちきったことを評価する。「内容は満足していないですけど、初戦を勝つことが大事だった。次も勝ちに行くだけ。守備はゼロで抑えて、次は3点目を取れれば楽になると思うので、そういうゲーム展開にできるようにしていきたい」と連勝を誓った。


●AFC U-23選手権2016特集