Doctors Me(ドクターズミー)- 医師が解説!デリケートゾーンの、膣内・膣外の正しい洗い方

写真拡大

親しい友達同士でも、姉妹や母娘であっても、なかなか話題にしにくい、デリケートゾーンのケアの仕方やにおいなどの問題。人知れず、悩んでしまっている方はいませんか?
まったくにおいのしない部分ではないですし、何かとかぶれたりかゆみが出たり、トラブルが生じやすい部位でもあることから、あまり自信をもってデリケートゾーンのケアをしている!と言える方は少ないのではないかと思います。
今回は、このデリケートゾーンのケアの重要なポイントとなる、洗い方について医師に解説していただきました。

デリケートゾーン、洗ってる?

皆さんは、お風呂やシャワーの際に、どんなふうにデリケートゾーンを洗っていますか?こう改めて聞かれると、「えっ…」と戸惑ってしまう方も多いでしょう。
小さいころ、女性の方は例えば排便の際に、膣内に便や雑菌が入り込まないように「前から後ろに」トイレットペーパーを動かしてお尻を拭くように教えられた方は多いのではないかと思いますが、デリケートゾーンをどうやって洗うか、例えばお母さんやお姉さんなどから教えてもらった、という方はあまり多くないのではないでしょうか?
ですが、女性のデリケートゾーンはひだや隆起などが入り組んでいて、ちょっと複雑な、洗いにくい構造ではありますよね。
また、蒸れやすい部位でもあり、アポクリン腺と呼ばれるわきに分泌しているものと同じ、やや独特なにおいの汗を分泌する腺も豊富な部位であることから、においやすい部位です。
そしてもちろん、膣からの分泌物や、尿や便、それからそれらを拭きとるときに使ったトイレットペーパーのかすなども付きやすく、不潔になりやすい部分でもあります。

これが正しいデリケートゾーンの洗い方!

この、敏感でありながら汚れが付きやすいデリケートゾーンの洗い方は、まず、お尻を拭くときと同様に前から後ろに向かって、優しく、ひだや構造物を洗っていくのが基本です。
汚れが陰部に挟まっていることのないように十分気を付けて、かつ、こすりすぎないように洗浄していきましょう。
石鹸などの洗浄剤はしっかり泡立てて、ごしごしこすらずに泡で洗うような感じにするとよいですね。
また、デリケートゾーンは粘膜で、通常の皮膚より洗浄剤にも敏感ですから、身体を洗うボディーソープとはことなる、デリケートゾーン専用のソープなどをつかうとより安心ですよね。

それからもちろん、ひだの隙間に石鹸成分などが残らないよう、しっかりゆすぐこともとっても大切です。残ったソープの成分と、分泌物が混ざったりすると異様なにおいの原因になったりすることがあるため、この点も十分気を付けましょう。

ただし、膣内まで石鹸で洗おうとする方がいますが、これは必要ありません。膣内は、常在細菌叢とよばれる天然のバリアが雑菌が繁殖したりしないように守ってくれている場所ですから、膣のなかまで洗うことでかえってバリアを崩してしまうことになることがあります。

【医師からのアドバイス】

女性のデリケートゾーンは清潔に保つことがもちろんとても大切ですが、多少の酸っぱいにおいがするのが普通です。くれぐれも洗いすぎには注意しましょうね。
(監修:Doctors Me 医師)