写真提供:マイナビニュース

写真拡大

スヌーピーファンの聖地「シュルツ美術館」の世界初のサテライト(分館)として東京・六本木に誕生する「スヌーピーミュージアム」の開館日が、2016年4月23日に決定したことが13日、わかった。

オープン記念展(4月23日〜9月25日)のテーマも「愛しのピーナッツ。」に決定。最大の見どころは、作者チャールズ M. シュルツ氏の夫人、ジーン・シュルツさんが愛する原画の数々で、1985年のバレンタインデーに夫から贈られたプレゼントである、赤いハートとメッセージを添えた特別な原画が世界で初めて公開される。そして、シュルツ氏の創作にまつわるエピソードなど夫人のみが知る秘話が明かされる。

さらに、各界の熱心なファンがそれぞれの"ピーナッツ愛"を披露する特別展示も実施。そのほかにも『ピーナッツ』以前に描かれた初期のコミック『リル・フォークス』の原画や、ヴィンス・ガラルディの音楽でおなじみのアニメーション、お宝級のヴィンテージグッズや未発表のスケッチなど、世界初公開を含む作品や資料など約150点を展示する。

また、館内には、ここでしか手に入らないオリジナル商品を販売するミュージアムショップ「BROWN'S STORE」(ブラウンズストア)や、『ピーナッツ』にちなんだフードやドリンクが味わえる「Cafe Blanket」(カフェブランケット)も同時にオープンする。

同ミュージアムは、2018年9月までの期間限定での開館を予定。6カ月ごとに異なるテーマの展覧会を開催し、ギャラリーではチャールズ M. シュルツ美術館が所蔵する原画をはじめすべての作品を入れ替えて展示する。ショップのグッズやカフェのメニューも、展覧会毎にリニューアルする予定となっている。

入館料は、日付指定前売券、当日券の2種類。日付指定前売券は2月1日よりローソンチケットにて抽選販売し、当日券は前売券の販売状況に余裕がある場合にミュージアムで販売する。

「スヌーピーミュージアム」概要
【時間】10:00〜20:00(入場は19:30まで)
【所在地】東京都港区六本木5-6(東京メトロ六本木駅より徒歩7分、麻布十番駅より徒歩10分)
【入館料】日時指定前売券:一般1,800円、大学生1,200円、中学・高校生800円、4歳〜小学生400円 当日券:一般2,000円、大学生1,400円、中学・高校生1,000円、4歳〜小学生600円