昨年8月、中国・武漢で行なわれた東アジア選手権で連覇を狙った日本は、初戦の北朝鮮戦で先制ゴールを奪ってゲームを折り返したにもかかわらず、後半に入ってパワープレーに屈し、1−2の逆転負けを喫してしまった。

 その試合の1点目の場面で森重真人に軽々と競り勝ち、2点目のシーンで槙野智章の上を飛び、1得点1アシストをマークした身長190センチのストライカーこそ、U−23北朝鮮代表のエース――パク・ヒョンイルだった。

 リオ五輪アジア最終予選の組み合わせが決定し、日本の初戦の相手が北朝鮮になったとき、U−23日本代表チームの首脳陣はFWパク・ヒョンイルを"最警戒人物"としてマークした。ところが、AFC(アジアサッカー連盟)が7日に発表したアジア最終予選の登録メンバーから、その長身ストライカーが漏れていた。

 ケガなのか、クラブの都合なのか、それとも監督の構想から外れたのか......。

 たしかな情報は伝わってこないが、これが日本にとってプラス材料かというと、そうではない。パク・ヒョンイルが出てくれば、日本の誇るストロングヘッダー・植田直通(鹿島)を彼のマークに当て、パワープレー対策を入念に施せばよかった。

 だが、パク・ヒョンイル不在となった今、北朝鮮がどのような戦いを仕掛けてくるのか、その像がはっきりとした線で結べない。メンバーリストを見れば身長170センチ台のアタッカーも多く、むしろ地上戦で速攻を仕掛けてくる可能性もあるのだ。

 それだけではない。アジア最終予選のエントリーは23人まで可能だが、北朝鮮がAFCに提出したリストには22人しかいない。ますます、何を企んでいるのかわからないのだ。

「不気味ですね。必ず何か仕掛けてくると思って、十分警戒しなければいけない」

 そう警鐘を鳴らすのは、テレビ中継の解説のために現地入りしている山本昌邦氏だ。山本氏はかつてU−23日本代表を率い、アテネ五輪アジア最終予選のUAEラウンドを戦っていた際、原因不明の集団食中毒に見舞われ、選手もスタッフも腹痛に苦しみ、なかには身体中に発疹が出る選手までいたというアクシデントを経験しただけに、その言葉は重い。

 何が起こるかわからない。相手が何を仕掛けてくるかもわからない。それが最終予選というものだ。しかも、パク・ヒョンイルが不在でも、DFチャン・グクチョルやDFパク・ミョンソン、MFソ・ギョンチンなど、A代表に名を連ねている選手は多く、警戒心を強めておくべきだろう。

 近年の北朝鮮戦といえば、前述した東アジア選手権での敗戦が記憶に新しいところだが、U−23日本代表の選手たちも北朝鮮には苦い思いを味わわされている。

 2014年10月に行なわれたU−19アジア選手権の準々決勝では、1−1のタイスコアでPK戦に突入し、5人目のキッカーを務めた南野拓実(ザルツブルク)が失敗。4大会連続してU−20ワールドカップへの出場を逃してしまった。また、2010年11月に行なわれたU−16アジア選手権では、すでに翌年のU−17ワールドカップへの出場権を勝ち取ったあとだったが、準決勝で顔を合わせて1−2で敗れた。

 いずれのゲームにも出場した南野は、北朝鮮戦に向けた公式練習のあと、「覚えています。絶対に負けたくない、絶対に勝ちたいと思っています。今度はしっかり勝って(リオ五輪の)切符を掴みたいです」とリベンジを誓っている。

 もっとも、北朝鮮が正体不明のチームなら、日本も"いかにも日本らしい"代表チームとは、ひと味違ったチームである。

 手倉森誠監督率いるU−23日本代表は、2014年1月のチーム結成当初から「失点しない」という点を重視して、チーム作りが進められてきた。その背景にあるのは、U−19アジア選手権で4大会連続してベスト8で敗退し、世界大会への出場権を逃し続けている点だ。

 年々レベルが接近しているアジアにおいて、一発勝負のトーナメント戦を勝ち抜いていくためには、手倉森監督は「守備力と粘り強さが必要だ」と力説し、大島僚太(川崎F)や中島翔哉(FC東京)、矢島慎也(岡山)、原川力(京都)といったテクニカルな選手たちにも、高い守備意識を強く求めてきた。

 2014年夏のブラジル・ワールドカップで、A代表が「自分たちのサッカー」に固執して敗れた後には、その反語でもある「柔軟性と割り切り」をキーワードに掲げ、さらに手堅いチーム作りを進めてきた。

 チームとして目指しているのは、大勝ではなく、ボール支配率で相手を上回ることでもなく、1−0の手堅く、したたかな勝利。昨年12月のカタール・UAE遠征ではイエメン戦、ウズベキスタン戦と2試合続けてスコアレスドローだったため、「得点力不足」がクローズアップされたが、守備における安定感がさらに高まってきた点も見逃せない。粘り強さ、隙のなさは着実に身についてきた。

 最終予選を迎え、このチームで得点力の高いベスト3とも言える久保裕也(ヤングボーイズ)、南野、浅野拓磨(広島)の3人のアタッカーがようやく勢揃いした。1月6日に行なわれたシリアとの練習試合では、その南野の2ゴールの活躍で2−1と勝利した。ボランチを務める大島は「前の選手たちをどう生かすかはミーティングでも選手同士でも話しています。浅野のように速い選手もいるので、カウンターは武器となる」と、得点力不足解消にも自信をのぞかせている。

 北朝鮮との初戦では、相手の予想外の仕掛けに対してピッチの上で狼狽し、ボールを持たされてカウンターに沈むような醜態は晒(さら)さないはずだ。

 パワープレーや肉弾戦を辞さない相手に対し、あるいは、何を仕掛けてくるかわからない相手に対し、粘り強く戦いながら敵の出方を見定め、勝負どころでゴールをもぎ取る――。そんな、これまでの日本代表とはひと味違う戦い方を見せてくれるはずである。

飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi