「チームの方向性をはっきりさせるのが自分の役割」と話す大島。大柄な選手への対応も、「自分たちで判断していかなければいけない」と臨機応変なプレーを意識している。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

「特に緊張はしていないです」
 
 五輪最終予選の初戦・北朝鮮戦の前日練習を終えた大島はいつもと変わらない飄々とした表情で心境を語った。
 
 常に冷静沈着で、チームをコントロールする。その姿は日本代表として活躍してきた大先輩・遠藤保仁の姿に重なる部分も多い。
 
 試合の流れを読む――本人も強く意識をしている部分だと話す。
 
「チームの方向性をはっきりさせるのが僕の役割だと思っています。より正確な判断をできればと考えています。まあフォーメーション的にはダブルボランチでやるので、声を掛け合いながらより良い方向に持って行ければなとも思いますが」
 
 北朝鮮はエースと目されたパク・ヒョンイルがメンバーから外れるなど、未知数な部分が多い。しかし大島は誰が出てきてもやることは変わらないと話す。
 
「僕はその選手(パク・ヒョンイル)と対戦したことがないので、分からないですが、北朝鮮とは宿舎が一緒で様子を見ていると、他にも大きい選手がいる。誰が相手でも自分たちで判断してプレーないといけないと思います。チームとして掲げているのは全員攻撃・全員守備。まず失点しないことから始まるので、守備が崩れないことを意識したいです」
 
 また、北朝鮮戦ではセットプレーのキッカーとして重要な仕事を求められる可能性も高い。前日練習では山中、矢島、南野とともにキッカーに指名され、手倉森監督から具体的な指示を受けた。
 
 ただその点も「セットプレーでは得点を取りたいですし、重要なポイント。チャンスがあれば蹴りたいと思います。ただ、そこは話し合いながらやっていければ良いですね」と、展開を見ながら状況に適した選手がキッカーを務めれば良いとの考えも示す。
 
 北朝鮮戦では、ボランチの相棒でチームのキャプテン・遠藤航がインフルエンザでの調整の遅れにより、欠場する可能性がある。そうすれば大島にかかる負担は大きくなる。それでも遠藤がチーム練習に戻ってきた影響の大きさを聞かれると、「キャプテンですからね(笑)。僕だけでなく、チーム全体としても大きいんじゃないでしょうか」と不安を感じさせずに笑って答える。
 
 北朝鮮戦の理想の展開は「どの試合もそうですが、先に点を取られないこと」。大島がチームをコントロールしながら、状況を見て攻撃のスイッチを入れ、ゴールを目指す。チームを勝たせる司令塔としての役割に大いに期待したい。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【U-23日本代表】リオ五輪最終予選メンバー23人