ヴァレンタインデーの「恋人たちの隠れ家」〜タイムズスクウェア

写真拡大

ヴァレンタインデーに向け、タイムズスクウェアにハート型のキス用ブースが登場した。カップルが、ムードのない喧噪から切り離されて、プライヴェートなひとときを楽しめるという。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 「ヴァレンタインデーの「恋人たちの隠れ家」〜タイムズスクウェア」の写真・リンク付きの記事はこちら
2-tsh_clok_01-1024x791

2/4外側から見た、高さ約3mのアルミニウム製の「ハート」たち。外側から見ると、金色のハートがニューヨーク市の明るい光を反射し、輪の内側に入ると自分達の姿が見える。

3-tsh_clok_02-1024x670

3/4

4-tsh_clok_04-791x1024

4/4それぞれの「キッシング・ブース」の上方は空に開かれている。

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN 1-exterior_07-1024x791

2-tsh_clok_01-1024x791

外側から見た、高さ約3mのアルミニウム製の「ハート」たち。外側から見ると、金色のハートがニューヨーク市の明るい光を反射し、輪の内側に入ると自分達の姿が見える。

3-tsh_clok_02-1024x670

4-tsh_clok_04-791x1024

それぞれの「キッシング・ブース」の上方は空に開かれている。

ニューヨーク市は、ロマンティックなキスができる場所にこと欠かない。セントラルパーク、ブルックリン橋、午前3時の角の雑貨店。こうした場所はどこも、あたたかなハグにうってつけの場所だ。ただ、そのリストから明らかに漏れている場所がひとつある。それは、タイムズスクウェアだ。

観光名所として最近再設計されたものの、ほとんどの人は、タイムズスクウェアにあるチェーン店「オリーヴ・ガーデン」のネオンが瞬くなかでキスすることには尻込みするだろう。多くの人にとって、ラスヴェガスを思わせるこの一画は、ロマンティックでないばかりか、感覚的刺激が多すぎて不快な場所なのだ。

それでも、来月になれば、ふと気がつくと、タイムズスクウェアのハート(中心)で過ごす親密なひとときのために、「ロマンティックなふり」を喜んでかなぐり捨てているかもしれない。

タイムズスクウェア・アライアンスは毎年、ロマンティックな祝日であるヴァレンタインデーのために、アーティストやデザイナーに委託して、タイムズスクウェアの真ん中にパヴィリオンを設置している。今年は、ニューヨーク市の建築スタジオ「Collective-LOK(CLOK)」に依頼して、2月9日(米国時間)にタイムズスクウェアの中央にパヴィリオンが設置される。

建築家のジョン・ロットとウィリアム・オブライエン・ジュニア、マイケル・クボが率いるCLOKは、ハート型をした9体の鏡張り建造物から成る空間「Heart of Hearts」を設計した。建造物を円形に配置すると、万華鏡のように光り輝き、恋人たちの隠れ家になる。

CLOKの建築家チームによると、建築物をつくるというよりは、観光客たちの避難所になると同時に、感覚への刺激がありすぎるタイムズスクウェアに観光客を結びつける空間をつくり出すのが目標だったという。

「タイムズスクウェアという空間内に、別の空間をどうすればつくり出せるかを自問した」と、ロット氏は言う。

賢明な解決策となったHeart of Heartsは、高さ約3mのアルミ製「ペーパー・ハート」2枚を用いて、切子ガラスの輪をつくっている。外側から見ると、金色のハートがニューヨーク市の明るい光を反射し、輪の内側に入ると自分たちの姿が見える。

ハートの各ペアは、キス用ブースを兼ねていて、観光客は内側に飛び込んで自分たちだけのひとときを得ることができる。完全に閉鎖されているわけではない(カップルが親密になりすぎないように設計者が配慮したのだ)が、ニューヨーク市きっての繁華街の喧噪からはしばし逃れられる。

「タイムズ・スクウェアからすっかり切り離されたように感じられる。残っているのは、囲まれた空の眺めだけだ」とオブライエン氏は語る。

関連記事:都市におけるコミュニティーのつくりかた〜タイムズスクウェア・アライアンス代表が参加した対談記事

TAG

ArtCommunityGalleryNew YorkWIRED US