何もないけどしっかり食べたい日や、友達や彼が遊びに来てご飯時になっちゃった。そんな時、パッと作れて美味しくて褒められちゃうレシピを紹介します。

ツナ缶と卵でめちゃうま!

常備してあることが多いツナ缶。サラダやサンドイッチ、パスタくらいしかレシピが思い浮かばないもの。しかし少し手を加えるだけで、美味しくておしゃれなどんぶりになっちゃうんです。他に用意するものは、ご飯、卵と生姜、長ねぎ、白ごま、お砂糖、お醤油、みりん、あればカイワレや大葉。ツナご飯だとジャンキーなイメージですが、ちょっとおすましの和風などんぶりにトライしましょう。

ツナって意外と栄養があるって知ってた?

ツナは本来マグロのことですが、海外ではカツオも同じくくりでツナと呼ばれています。そのためツナ缶の原料はビンナガマグロやキハダマグロのほか、カツオも多く使われています。缶詰だからって甘くみてはダメ。実は簡単にお魚の栄養が摂れる優秀食材なのです。マグロやカツオには血液をサラサラにし、悪玉コレステロールを減らしてくれるDHAやEPAの不飽和脂肪酸、タンパク質、ビタミンKが豊富に含まれています。缶詰に加工される過程でもこれらの栄養素が失われることはなく、お刺身と同等なのだそうですよ! しかも、油漬けにすることでリノール酸も摂れ、缶詰にすることで鉄分やマグネシウムが増えるという喜ばしい効果も得られるのです。

パパッと作れちゃうから今夜さっそくお試しあれ

さて作り方です。ツナ缶は油漬けのものは油をきっておきます。この油にも栄養はあるのですが、カロリーオーバーになるので、水煮やオリーブオイルを使ったものだと安心。次に炒り卵を作っておきます。甘めの味付けだとやさしい味に、塩や味付け無しだとさっぱりした感じになります。みじん切りにした長ねぎと生姜、ツナをフライパンで炒って、お砂糖と醤油、みりんで味付けします。ご飯に炒り卵とカイワレ、炒ったツナに白ごまをのせればお手軽和風ツナ丼の出来上がり。カイワレを大葉の千切りにすると、より和風でさっぱりといただけます。

ツナマヨご飯よりもおしゃれでご飯もすすむ味付けなので、彼に出しても褒められること間違いなし!

ぜひ作ってみてくださいね!


writer:しゃけごはん