写真提供:マイナビニュース

写真拡大

インクリメントPは1月13日、Windowsフォーム向けの業務用地図アプリケーション開発キット「MapFan SDK for Windows」を発売した。

Windowsフォームアプリケーションで業務用デスクトップアプリケーションを開発する際に、同SDKを活用することで、オンラインで動作する地図機能を組み込むことができる。

同製品は、業務用途向けの多様な地図機能に加え、大型車の道路規制を考慮したルートや複数地点を効率的に巡回するルートを検索できるなど、特殊なルート検索機能を備えており、物流・配送システムへの利用に適している。

また、機能はすべてオフラインで動作するため、高いセキュリティが要求される業務用システムなど、インターネットに接続することのできない環境においても活用できる。

主な特長として、地図表示、住所検索、ルート検索機能に加え、地図の見た目のカスタマイズ、面積・距離の計算、緯度経度・測地系の変換など業務用途に役立つ機能も備えている点が挙げられる。

また、通常のルート検索に加え、大型自動車の通行に規制が敷かれている道路を回避したルートを探索する「大型車規制考慮ルート検索」と、設定した複数の立ち寄り地を効率的に回るルートを自動で計算する「巡回ルート検索」を搭載している。

地図の更新データが月1回提供されるため、最新の地図情報を用いたアプリケーション作成が実現できる(別途ライセンス契約が必要)。

価格は、利用規模や条件に応じ、個別見積もりとなっている。