リモコンによる自己点検機能で点検作業の効率が大幅に向上している(画像は同社リリースより)

写真拡大 (全2枚)

 パナソニック エコソリューションズは12日、点検作業効率が大幅に向上したリモコン自己点検機能付のLED非常用照明器具を3月より順次発売することを発表した。

 同製品は火災などの停電時に自動で点灯し、室温上昇時でも一定時間点灯する非常用照明で、基準となる「国土交通大臣認定制度」に基づいたもの。専用型リモコンによる自己点検機能を備えハロゲンタイプの非常用照明器具と比べると、導入時で14,600円、蓄電池交換時で25,500円のコストを削減できる。

 同社従来品のハロゲン非常用照明器具との置き換えが可能だが、置き換え対象のハロゲン電球非常用照明器具と現行のLED非常用照明器具は3月で生産を中止するという。製品構成は一般型、断熱・遮音施工用型、長時間定格型など計25機種となり、価格は30,300円〜73,000円。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI