デジタルコードレス電話機「RU・RU・RU」 VE-GD60シリーズ。迷惑ブロックサービスに対応し、電話をきっかけとした詐欺や悪徳商法でのトラブルを未然に防いでくれる(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全3枚)

 パナソニックは、振り込め詐欺対策や迷惑電話対策の機能を強化したデジタルコードレス電話機「RU・RU・RU」と、パーソナルファクス「おたっくす」を21日から発売することを発表した。

 両機種が対応する「迷惑ブロックサービス」は、警察や自治体などから提供されたデータをもとにしてトビラシステムズが提供するサービスを利用。データベースをもとに迷惑電話番号からの着信を自動でブロックする。

 同社従来モデルと同様に、呼び出し音がなる前に相手に通話を録音する旨を伝えるメッセージを流す「迷惑防止」、相手の名前を聞いた上で応答できる「あんしん応答」、非通知や登録アドレスからの着信を拒否する「迷惑電話着信拒否」機能も搭載する。「おたっくす KX-PD600シリーズ」は本体側にもバッテリーを搭載しており、停電時でも約1時間の通話が可能となっている。

 製品構成はコードレス電話機、FAXともに子機台数が1台と2台の2製品、計4モデル。デジタルコードレス電話機「RU・RU・RU」VE-GD60DL(子機1台)/VE-GD60DW(子機2台)、パーソナルファクス「おたっくす」KX-PD600DL(子機1台)/KX-PD600DW(子機2台)。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI