サンフランシスコ最大のタクシー会社、その「緩慢な死」の原因

写真拡大

UberやLyftなどの配車サーヴィスが拡大するサンフランシスコ市で、市内最大のタクシー会社が更生手続きに入る可能性が明らかになった。

「サンフランシスコ最大のタクシー会社、その「緩慢な死」の原因」の写真・リンク付きの記事はこちら

サンフランシスコ市最大のタクシー会社が、倒産処理手続きに入る可能性のあることが、同社社長が送付した書簡の漏洩で明らかになった。

『サンフランシスコ・エクザミナー』紙の1月6日(米国時間)付け記事によれば、書簡を作成した米Yellow Cab Co-op社は、タクシー用免許を持つ運転手を530名抱える市内最大のタクシー会社だ。

2015年12月10日に作成されたこの書簡によれば、同社は「連邦倒産法第11章(チャプター11)」を検討しているようだ。

サンフランシスコ・エクザミナー紙によれば、このタクシー会社は「数多くの訴訟に直面し、そのことも同社の業績に悪影響を及ぼした」ようだ。

タクシー業界は今、UberLyft、それに、最近になってサーヴィスを終了したSidecarといった新興企業の新規参入によって、大きなプレッシャーを受けている。

カリフォルニア州では、こうした企業は、同州が定める「Transportation Networking Company」(運送ネットワーキング企業)に関する法律による規制を受けている。この法律は、従来のタクシー関連の法律とは別のものだ。

関連記事:UberやLyftがもたらした「ギグ・エコノミー」の光と影

TAG

Ars Technica USBankruptcyLyftTaxiUber