ハムストリング負傷のオリジ、離脱中にヒザのクリーニング手術を実施

写真拡大

▽ハムストリングの負傷により戦線を離脱しているリバプールのベルギー代表FWディヴォック・オリジが、別の部分の手術に踏み切ったようだ。ユルゲン・クロップ監督が、クラブ公式サイトで明らかにした。

▽オリジは、昨年の12月26日に行われたプレミアリーグ第18節のレスター・シティ戦で先発出場。しかし38分に左足の太もも裏に違和感を覚えてベンチへと下がり、以降の公式戦を欠場している。

▽オリジの状態についての質問を受けたクロップ監督は、ハムストリングとは別にヒザのクリーニング手術を行ったことを明かした。復帰時期については明確にしなかったものの、数週間でプレー可能だという。

「それほど大きな手術ではなかった。少しヒザ周りを綺麗にしただけだ。話し合った結果、今がその手術を行うベストなタイミングだとの結論が出たんだ。何も問題なく進んでいる。計画通りに彼は復帰への道を歩んでおり、今後数週間で起用できるようになるだろう」