歯周病に効くといわれている「ヨーグルト歯みがき」を知っていますか? ヨーグルトで歯をみがくと良いといわれてもなかなかピンとこないかもしれませんね。でも実践してみるとこれがなかなか良い感じなのです。歯周病や虫歯にもとても高い効果があるそう。なぜヨーグルトが歯の健康に効果があるのか、正しいヨーグルト歯みがきはどうすればよいかをまとめてみました。

ヨーグルト歯みがきとは?

ヨーグルト歯みがきは文字通りヨーグルトで歯をみがく方法です。いつも行っている歯みがき剤での歯みがきを念入りにした後に、仕上げとしてヨーグルトで歯みがきを実施。ヨーグルトを使うと口内の細菌が少なくなり、特にヨーグルトに含まれるある乳酸菌によって、歯周病や虫歯の原因となる悪玉菌の繁殖を抑制してくれるというのです。

虫歯や歯周病を予防する菌を含むヨーグルトは?

歯周病・虫歯を予防するのはヨーグルトに含まれる乳酸菌の一種の「ロイテリ菌」だといわれます。また歯周病の原因になるのが「ジンジバリス菌」ですが、同じく乳酸菌の一種であるLS1が、このジンジバリス菌を殺すはたらきがあることが報告されています。ちなみにチチヤスのヨーグルとにはこのロイテリ菌が含まれている製品が多く、LS1は一般的なヨーグルとにもよく含まれています。

ヨーグルト歯みがきの実践法

方法は2通りあります。最初に普段通り行っている歯みがきをします。歯と歯の間や歯茎と歯の間は丁寧に磨きましょう。歯みがき後はいったん口をすすいだ後に、無糖のヨーグルトを少し歯ブラシにつけて再び磨いていきます。あるいは無糖ヨーグルトを口全体に行き渡らせます。そのあとはよくすすぎ終わりです。砂糖なしのプレーンヨーグルトを使用するのがポイント。ただし、この方法に警鐘をならす歯科医もいます。あくまで丁寧な歯磨きを基本として、口腔内の状態が気になる時にお試ししてみる程度が良いかもしれませんね。


writer:松尾真佐代