メディアは「ウェブ」を疑い始めている

写真拡大

2015年、FacebookやSnapchatといった「プラットフォーム」は一斉にニュース配信を開始した。いま、ウェブメディアは、自らのコンテンツをいったいどこで、どのように、誰に読ませようというのか。2016年にウェブメディア産業において起こるであろう論点。

「メディアは「ウェブ」を疑い始めている」の写真・リンク付きの記事はこちら

2015年、ニュースは、もはやウェブだけのものではなくなった。

まず、メッセージアプリとして認知されてきた『Snapchat』内に「Discover」という独自のニュース機能が追加された。また同じくこの年は、フェイスブックがウェブ上のニュースを即時に読み込めるようにと決断した年でもあった。アップルのiOSの最新ヴァージョンには、iPhoneでニュースを読むための独自アプリが搭載され、ツイッターは「Moments」でもってニュース競争へと足を踏み入れた。

テキストや動画、大量のニュース、娯楽、スポーツを配信する「プラットフォームの拡張」がすべて同じ年に起きたのは、偶然の一致ではない。

この10年、パブリッシャーたちは自らのサイトへのアテンションを得ようとGoogleに、そしてFacebookに依存するようになった。オーディエンスが自分の時間をモバイルに費やすようになるにつれ、その依存はより激しいものとなった。

巨大なるテクノロジー企業たちは、モバイルユーザーのアテンションを集めようと競い続け、結果としてアプリへの誘導が盛んになった。これによって、パブリッシャーにとって伝統的に「オンライン上のホーム」であったウェブから人が遠ざかる事態が起きている。

一方で、FacebookやTwitter、Snapchatにはオーディエンスにとって訪れるに足る興味深いコンテンツが必要だ。それゆえ、彼らはパブリッシャーを必要としている。

『Snapchat』に設けられた新たな機能「Discover」。ニュース提供者として、CNNやナショナルジオグラフィック、VICEやVox.comなどがラインナップされている。

2015年、パブリッシャーは、プラットフォームにある種の「管理権」を譲り渡すことで「利益を生み出す共生関係」になりうるかを見出そうと、用心深く探りを入れていた。

そして2016年、「ウェブの先」へと歩みを進めるなかで、ニュースの発信者たちがより多くの、そしてよりつながりの深いオーディエンスを得られるかどうかがはっきりするだろう。

アドブロックと囲い込み

人々のウェブ離れは主に、ウェブで費やす時間が少なくなったことに起因する。皆、より多くの時間をスマートフォンそのものに費やしている。そしてこれは、パブリッシャーにとってゆゆしき問題だ。

多くの人々が、Facebookのような一握りのアプリ内で多くの時間を過ごしている。彼らはウェブ上にはおらず、読みたい記事があろうとそのニュース配信社のアプリをダウンロードしたり、(あるいはダウンロードしても、わざわざ)そのアプリに切り替えたりはしないだろう。

パブリッシャーの固有アプリは、設計・開発に費用が掛かるだけではなく、Facebookがすでに獲得しているほど多くのオーディエンスを得られはしない。『The New York Times』や『BuzzFeed』は、自社アプリで忠実なファンを見つけるかもしれない。しかし、そうした一部の頑固者以外に広く発信できるようにするためには、最も大きなパブリッシャーでさえ、ソーシャルメディアに頼っているのである。

モバイルの魅力は増す一方だが、2015年はまた、ウェブ広告をブロックすることが主流になった年でもあった。米国におけるデジタル広告への予算がTVに費やされた額を上回ろうとしているなか、アップルまでもが、モバイル端末上での広告ブロックを支持し始めた。

広告主にとって、これは非常に厄介な問題だ。米インタラクティヴ広告業界団体、The Interactive Advertising Bureau(IAB)は、オンラインでの“押し売り”によって増す不快感をブロックしうるソフトウェアの需要を焚き付けた。IABのテック&アドオペレーション担当上級副社長スコット・カニンガムは、「広告規制の台頭は、インターネットに脅威を引き起こし、ユーザーを、少数の企業が支配する閉じたプラットフォームの世界へと囲い込みうるだろう」と記述している。

こうした流れで生まれる懸念は、広告主が自らの予算をプラットフォームへと投じるようになることで、それと比例するように、ウェブ依存のパブリッシャーへの予算は少なくなるということだ。

プラットフォームに予算が流れるのなら、パブリッシャー側が広告主と同様にそこへ向かう必要があると考えるのも当然だ。フェイスブックのInstant Articleやアップルの「Apple News」は、ニュース消費により合理化されたユーザーエクスペリエンスを提供するだけでなく、広告収入をも獲得するのである。

プラットフォーム以前、以後

広告業界が新しくて清廉な広告基準を約束したとしても、アドブロッカーはすぐにはなくならない。

人々がその時間の大部分をアプリに費やしているという仮定に対して、グーグルはモバイルにおけるサイト検索がデスクトップでのそれを超えたと示して対抗している。

彼らがテストを行っているプロジェクト「AMP」(Accelerated Mobile Pages、オープンソースのフレーム「AMP HTML」によって、スマートフォンなどでのページ表示高速化をはかるプラットフォーム)は、2016年初頭に公開されるとされており、Instant Articlesの代替としての期待がもたれている。FacebookやSnapchatらがパブリッシャーに対し、いくらかの利益を生じさせるようなものであるなら、なおさらかつてのウェブに立ち戻る可能性はほとんどない。

小規模なパブリッシャーにとって、この展望はより複雑だ。一方、プラットフォームがある程度の活動の場を提供しているなかで、デジタルマガジン『The Atavist』はウェブサイトを選び、ネイティヴアプリを終了するという決定を下している

The AtavistはInstant Articlesの契約をしていないし、SnapchatのDiscoverにもラインナップされていない。しかし、ネイティヴアプリ上で記事をシェアした場合よりも、ソーシャルメディア上でシェアされる記事の方が、より広い読者へと配信できるのである。

360b / Shutterstock.com

そのプラットフォームは「中立」なのか

ユーザーがどのコンテンツを閲覧しようかというとき、プラットフォームは(多かれ少なかれ)どれほどの力を発揮できるのだろうか。

Facebookのアルゴリズムは、ユーザーのニュースフィード内に現れる外部のウェブサイトリンク付きのInstant Articlesの優先順位を決められるのだろうか? 当初の彼らの回答からは、そうであるように思えた。

Apple Newsは、アップルに対して批判的なパブリッシャーの記事を掲載するだろうか? それを指摘する声は聞こえていないが、選択は彼らに委ねられている。Snapchatは彼らの基準を満たしているかを確認するために監視を行うだろうか? いまのところ、そうなのだろう。

「プラットフォーム」は中立的なパイプラインであるように見られがちだが、極論を言うなら、その所有者がコントロールをしているのである。

関連記事プラットフォームが支配する時代の「ヌードなき『PLAYBOY』」

この緊張関係が試されるのは、おそらく今年、2016年なのだろう。パブリッシャーが、テクノロジー企業により依存するようになり、ジャーナリズムの倫理がビジネス上の責務と衝突するにつれて、わたしたちは何が実際に起こるのかを見ることになるだろう。

もし、プラットフォームが、彼らの好まないコンテンツを葬り去ろうとするのなら、その罪は明らかになるはずだ。もし誰かが、FacebookやApple、TwitterやSnapchatが勝者と敗者を選別していることに気づけば、早晩抗議の声が上がるだろう。

ニュース産業はウェブの幕開け以来、テクノロジーにおける見直しを強いられてきた。そしていま、新たな「審判」が到来したのである。

関連記事「ウェブ」は何度も「死」んでいる…

TAG

AdvertisingFuture Of MediaMediaPlatformWIRED US