CES 2016、新興EVスタートアップがぶち上げる「クルマの未来」

写真拡大

ラスヴェガスで1月6日(現地時間)から開催されている「CES 2016」で、ファラデー・フューチャーは同社初のコンセプトカー「FFZERO1」を発表した。まるでスポーツカーのような電気自動車を実現しようとするスタートアップが目指す、クルマの未来。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 「CES 2016、新興EVスタートアップがぶち上げる「クルマの未来」」の写真・リンク付きの記事はこちら
faraday02

2/5「クレイジー」なアイデアがたくさん詰まったコンセプトカーに仕上がっている。PHOTOGRAPH COURTESY OF FARADAY FUTURE

faraday03

3/545度に傾いた運転席。スマートフォンを置くドックがハンドルにある。PHOTOGRAPH COURTESY OF FARADAY FUTURE

faraday04

4/5ファラデー・フューチャーの取組みは、自動車業界に対し、興味深いアプローチと言える。PHOTOGRAPH COURTESY OF FARADAY FUTURE

faraday05

5/5「未来を予測し、そのスピードに応じて対応しなければなりません」と、R&Dのヘッド、ニック・サンプソンは言う。PHOTOGRAPH COURTESY OF FARADAY FUTURE

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN faraday01

ファラデー・フューチャーは、初のコンセプトカー「FFZERO1」を発表。PHOTOGRAPH COURTESY OF FARADAY FUTURE

faraday02

「クレイジー」なアイデアがたくさん詰まったコンセプトカーに仕上がっている。PHOTOGRAPH COURTESY OF FARADAY FUTURE

faraday03

45度に傾いた運転席。スマートフォンを置くドックがハンドルにある。PHOTOGRAPH COURTESY OF FARADAY FUTURE

faraday04

ファラデー・フューチャーの取組みは、自動車業界に対し、興味深いアプローチと言える。PHOTOGRAPH COURTESY OF FARADAY FUTURE

faraday05

「未来を予測し、そのスピードに応じて対応しなければなりません」と、R&Dのヘッド、ニック・サンプソンは言う。PHOTOGRAPH COURTESY OF FARADAY FUTURE

長い間、秘密のヴェールに包まれていた電気自動車(EV)スタートアップ・Faraday Future(ファラデー・フューチャー、以下FF)が、ついに姿を現した。

CES 2016においてイーロン・マスク率いるテスラの新たな競合企業となるであろうFFが発表したのは、過激な1人乗りコンセプトカー「FFZERO1」だ。車体はバットマン愛用のバットモービル風で、ル・マンのレーサーが乗っていそうな、(EVとは思えない)“クレイジー”なスポーツカーモデルである。

各車輪に備えられた4つの電動モーターによる1,000馬力以上のパワーは、0-100km/h加速を3秒以下で実現する。ドライヴァーは斜め45度の角度でシートに座り、ハンドルはまるでF1マシンのよう。ハンドルには、スマートフォンを置く埋め込み式ドックがある。

だが、FFのもっとも興味深い点は、このクレイジーとも言うべきコンセプトではない。ロサンゼルスに拠点を置く同社は、自分たちは奇抜かつ大馬力の自動車をつくるだけのスタートアップではないと言う。自動車というものがどうつくられるべきか、そして何のためにつくるのかを見直すために、同社を設立したという。

「われわれは未来を予想し、そのスピードに対応していかなければなりません」とFFのR&Dヘッドを務めるニック・サンプソンは言う。

Introducing the Faraday Future FFZERO1 Concept. https://t.co/8ixzLtzVAj

— Faraday Future (@FaradayFuture) 2016, 1月 5

ファラデーを支える金

FFは、自律走行テクノロジーを組み合わせて、いつでも家の前に自動車が届けられるサブスクリプションモデルを約束している。FFが提唱する「可変プラットフォームアーキテクチャー」は、バッテリーパックやモーター構成を変えたさまざまなモデルカーを容易に製造できるというのだ。

中国のインターネット長者で「中国版Netflix」といわれるLeTVの創設者、ジア・ユエティンからの支援を受けているFFは、ラスヴェガス北部に10億ドルをかけて工場の建設を予定しており、数週間のうちに着工することになっている。500人以上の従業員は、今年中に2倍になる見込みだという。そこには、BMWの印象的なモデル「i8」や独創的な「i3」といった電気自動車を設計した、デザインチーフのリチャード・キムも含まれている。

関連記事:中国の「テスラ・クローン」EVが、イーロン・マスクを襲う

滑り出しは上々のようだが、自動車業界は新規参入を歓迎しないことで有名だ。FFはたくさんの公約を掲げている。同社のサンプソン氏はiPhoneをローンチしたときのアップルを引合いに出して説明するが、FFとしてはまだ何も成し遂げてはいない。これからが彼らの腕の見せどころ、である。

TAG

Autonomous CarCarCESCES 2016EVFaraday FutureGalleryTeslaWIRED US