「重力に逆らう」ロボットカー、ディズニーの合同チームが開発

写真拡大

壁をのぼり、重力など関係ないかのように壁面を走り回ることができるロボットカー「VertiGo」を、ディズニー・リサーチとチューリッヒ工科大学(ETH)の合同チームが開発した。

VertiGo」と名づけられた小さな壁のぼりロボットカーは、垂直な(vertical)平面に2つのプロペラの推力で自らを押しつけることで、重力など関係ないかのように方向を変えたり走行したりする。

「「重力に逆らう」ロボットカー、ディズニーの合同チームが開発」の写真・リンク付きの記事はこちら

VertiGoは、壁をのぼっている際には「推力方向を調整する」プロペラ2つの働きにより、壁から落ちない。そして、1対の車輪で進行方向を変えることができる。

VertiGoは自らの位置を、「前面に取り付けられた赤外線距離センサーのデータに加えて、中心に搭載した6軸IMU(慣性計測装置)のデータを使って判断する」。その後、複数のアクチュエーターにより操縦された通りの動きができるように、搭載されたコンピューターがベストなポジションを計算するのだという。

VertiGoをさらに研究開発するのか、それともこれを量産するのか、ディズニー・リサーチはまだ明らかにしていない。ただ、VertiGoに使われたアイデアが、ほかのロボット向けに転用される可能性もある。例えば、捜索や救助向けに現在開発されているロボットは、垂直な壁が立ちはだかると、そこまでになってしまう。

合同チームは、「地面から壁へ、そしてまた地面へと移動するVertiGoは、都市環境や屋内環境におけるロボットの移動性能を拡大する」と説明している。

関連記事新スター・ウォーズ「BB-8」のオモチャを生んだ、偶然と神話(2015.12.20)

TAG

DisneyRobotVideoWIRED UK