グーグル・Project Jacquardの「衣服ハック」

写真拡大

伝導性繊維を、地球上のすべての衣類と布に織り込むこと。グーグルのATAPが進める「Project Jacquard」の野望は壮大だ。彼らはファッション業界に進出したいわけではない。その目的は、人々をスクリーンから解放することである。

[この記事は、2015年5月29日に公開された『WIRED』US版の翻訳です]

「グーグル・Project Jacquardの「衣服ハック」」の写真・リンク付きの記事はこちら

ファッション、家具、自動車の未来に関するグーグルのヴィジョンを知りたいなら、目を向けるべきはレディー・ガガだ。とくに2013年にロンドンで開催された、iTunesフェスティヴァルで彼女が着ていたドレスは注目に値する。

デザイン会社スタジオXOが手掛けたそのアンサンブルは、3Dプリントでつくられた仕掛けによって、歩くたびにシャボン玉を吹き出すものだった。ドレスの中に仕込まれた機械が多すぎて、ガガは、まっすぐ立つのに2人のアシスタントの助けが必要だった。

レディー・ガガのいかれたドレスを見たイヴァン・プーピレフの反応は少し“風変わり”だったといえるだろう。彼はこう考えたのだ──こんなテクノロジーが、もっといろんなものに組み込めたらすごい、と。

プーピレフがテクニカルプログラム責任者を務める、グーグルの先進技術プロジェクト部門、ATAP(Advanced Technology and Projects)は、元DARPA所長レジーナ・ドゥーガンが統括する極秘研究所であり、グーグルのなかでも屈指の、いかれた野心的なアイデアを生み出す場所である。そんな彼らが現在取り組んでいるアイデアのひとつが、スマートパンツだ。

TAG

Decoded FashionFashionGoogleWIRED US

ATAPのテクニカルプロジェクト責任者、イヴァン・プーピレフ。

プーピレフのアイデアの正式名称は「Project Jacquard」(プロジェクト・ジャカード。その名称は伝統的な機械織りの技法にちなんでいる)。その目標は、伝導性繊維を地球上のすべての衣類と布に織り込んで、タッチセンサーや触覚フィードバックなどの機能を、ジーンズからクルマのシート、カーテンに至るまで、あらゆるものに搭載することだ。

「センサーを素材として生地に織り込むことができれば」とプーピレフは言う。「それはエレクトロニクスからの解放を意味する。身の回りにあるベーシックな素材をインタラクティヴにできるのだ」

伝導性をもった生地自体は目新しいものではないが、その規模はかつてないほどに広大だ。

ジャカードチームは、繊維業界がいま使っているのと同じ紡織機を使用して、伝導性繊維を生産する方法を開発。極小の電子部品を生地に組み込む方法も生み出している。

プーピレフは、それがまもなくあらゆるファッションアイテムに搭載されることになると期待している。グーグルが現在開発しているアプリとサーヴィスのエコシステムによって、服をつまんだりタップしたり、スワイプしたりタッチするだけで、スマートフォンをはじめとするガジェットを操作できるのだ。

正直なところ、服とテクノロジーの間にいまだに対話がないのは馬鹿げている、とプーピレフは言う。「電話をポケットに入れるたび、その上着はスマートジャケットと呼べるものになっている。このプロジェクトは、実は回路の隙間を埋めるようなものだ」

プーピレフはそれが意味することを想像し始める。着替えていることを電話が認識し、蝶ネクタイを結ぶと同時にUberでクルマを呼んでくれたらどうだろう? ランニングシューズを履くと同時に、自動的に運動記録が開始するとしたら? あるいは服の袖を一度軽くスワイプしただけで通話ができ、相手の声も聞こえるとしたら?

「ウェアラブル」の発想の転換

プーピレフが2014年1月にATAPに加わったとき、彼はファッション業界についてほとんど何も知らなかった。彼の興味の中心は、人々が周囲の環境と相互作用する方法にあったのだ。

グーグルに入社する前、彼はディズニーのイマジニアリング部門の主任研究員だった。彼のプロジェクトのひとつは、水や花といった素材をタッチスクリーンに変えること。別のプロジェクト「Revel」では、椅子や傘といったモノに触角フィードバックを組み込んだ。彼は、文字通り虚空に物体を出現させるシステム「Aireal」も生み出している。

彼のプロジェクトはほぼすべてがプロトタイプであり、半分は研究、半分は未来のコンセプトといったところだった。ソニーの研究所に勤めていたときも、彼はアイデアを製品化するのが苦手だった。しかし、ATAPではそうはいかない。プロジェクトを始めたら、完成させなければならない。お金を産むものにするか、さもなければ次に移るかだ。

幸い、プーピレフは以前から、ある意味で布に慣れ親しんでいた。タッチスクリーンの構造は、電極のグリッドが、指の動きによって生まれては消える電流を感知するものだ。それを見るたび、彼は織物を思い浮かべていた。ガラス面に大量の電極を並べるのに比べれば、布(あるいは服や糸)をつくるのは容易に思えた。糸の何本かを伝導性素材に置き換えることさえできれば、どこにでもタッチセンサーをつけられるからだ。

「これは根本的な転換だ」と彼は言う。「〈電化製品をものに組み込む〉発想から、〈インタラクティヴな素材をつくる〉発想へ転換だ。そしてその影響力は絶大だと思う」

サンフランシスコにあるリーバイスのユーレカ・イノヴェイション・ラボでProject Jacquardの始まりについて話すプーピレフは、明らかにファッション業界に影響されていた。白いドレスシャツの上に羽織ったダークスーツのジャケットには、前面に大きな白いハサミと「CUT」の文字の刺繍がある(上司のドゥーガンはこのジャケットを絶賛したそうだ)。

腕につけたオメガ・スピードマスターは、ニール・アームストロングが月に着けていったモデルだ。髪は右側に乱雑になでつけていて、動くたびに額のあたりで揺れている。縫製や紡織の話になると、彼の手振りは大きくなった。

彼が説明に使った動画には、サヴィル・ロウで仕立てたジャケットができる様子が収められており、仕立て屋と見習いが慎重に計測しながら袖を裁断していた。

ジャケットを仕立てる職人技に、彼は驚きを隠せないようだった。彼の目の前のテーブルの上にも同じジャケットが置かれていて、話しながら彼はたえずそれに触れ、左腕の部分を何度もスワイプしていた。そこには目に見えないタッチセンサーが内蔵されていて、左の襟の下に隠れた小さな電子部品につながっている。この動作で電話がかけられるようにプログラムされているのだ。

ファッション業界を裏から乗っ取る

プーピレフらが本当に取り組んでいるのは、それを過去2世紀の間、ほとんど変化のなかった世界規模の製造プロセスに乗せる方法だ。世界中の小売店やデザイナー、工場が採用している紡績機や素材、製造プロセスに統合されて初めて、このプロジェクトは機能する。

そのためには、製造の現場に飛び込む必要があった。「わたしが言われたのは要するに、イタリアか日本に行け、ということだけだった」と、彼は言う。彼が選んだのは、以前15年間を過ごした日本だった。彼は糸のつくり方をじっくりと学び、どうすれば電導性素材を過酷な製造・試験プロセスにかけることができるかを考えた。

「飛び出た余分な糸の繊維を除去するために、直火にかけるなどというプロセスすらあった」と彼は言い、その荒々しさに首を振る。「そんなことが行われているとは知らなかったが、それはほんの一例に過ぎない。伸ばして水に漬け、ホットプレスにかけ圧縮する。布の種類によっては金属の爪で引き裂くことすらある。電子部品(を組み込む)とすれば、致命的だ」

日本の数ある衣類用生地の製造企業の1つと協力して、プーピレフとジャカード・チームは、ある合金をベースにした糸をデザインした。彼はその成分の詳細を明かすことはなかったが、超強力な編み込み技術によって、どんな素材でもその電導性素材の軸のまわりに束ねることができるという。同じひとつのプロセスで、デニムからシルク、ポリエステルからウールまで、何もかもに等しく電導性をもたせることができるのだ。糸の色彩パターンは無限で、外見も感触も普通の糸とまったく同じだ。

次のステップが難題だった。それは、こうした生地を既存の衣類や製造工程に取り入れる方法だ。電導性の糸を他の生地の中にきつく編み込むと、電力供給や糸からのデータ収集に必要な電子部品との接続が困難になることに、彼らは気づいた。そこで何度か修正を繰り返したあと、サンドイッチのハムのように、電子部品を内側に埋め込むことができる2層システムを開発した。

これによって電子部品と糸自体の接続が容易になり、デザイナーの意向を曲げる必要がなくなった。「わたしたちはファッション業界を乗っ取るつもりだ。裏から、ではあるが」。プーピレフは文字通りとも、比喩的ともとれる言い方をする。

リーバイスのプロトタイプ工場。

乗っ取るといっても、グーグルがファッション業界に参入したいわけではないのだと、プーピレフは念を押す。「ある時点で何百ものブランドにソリューションを提供することが必要だが、わたしは繊維業界の大御所になるつもりはない。あちこちに工場をもつ気もない。工場はいまでも十分にあるので、その能力を活用したいのだ」

プーピレフがグーグルに望むのは、服や極小の電子部品をつくることではなく、それらを制御するソフトウェアをつくることだ。彼はアプリとAPIを提供して、開発者や消費者が、服の色と同じように、服に付ける機能を選べるようにしたいと考えている。それは「ウェアラブル」という発想そのものを転換するものである。

「ウェアラブル」がなくなる日

「将来は、あるいはもうすでにかもしれませんが、ウェアラブルは消費者向けデヴァイスではなくなるべきだ」とプーピレフは言う。

歩数や心拍数を計測するのに、リストバンドは必要ない。靴やシャツがもっと正確にやってくれるのだから。触覚フィードバックを受け取る腕時計も不要だ。シャツの袖口ならもっと目立たずに済むのだから。「わたしたちは、他のウェアラブルにできることをすべて実現する。それはこれまでのウェアラブルを、はるかに上回る可能性があるだろう」

少なくとも、プロトタイプの段階ではうまくいっている。プーピレフは10種類以上の異なる素材の布を見せてくれた。シルク、ポリエステル、デニム。彼はそれぞれのタッチセンサー部分を指差した。大きく目に見えるものもあれば、小さく、完全に布と一体化しているものもあった。

プーピレフは控えめな技術者で、Tシャツ姿のシリコンヴァレーのエンジニアを笑うが、彼の発想はグーグルそのものだ。200年にわたって完全に成熟している産業を見て、彼の頭には「崩壊寸前」と書かれたネオンサインが点灯する。

しかしファッション業界は巨大で、莫大な経済規模をもち、非常に普及している。そこにはアップルやグーグルに相当する存在はなく、単独の企業が経済力と社会的意思によって、業界全体を新時代に牽引することはない。Project Jacquardの命運は、グーグルが多くのパートナーを説得できるかどうかにかかっている。

最高のジーンズと「つながる衣服」の始まり

リーバイスのイノヴェーション担当副社長、ポール・デリンジャー。

ATAPの最初のプロジェクト・パートナーはリーバイス。米国を代表するジーンズとデニムジャケットのブランドだ。プーピレフは、リーバイスのイノベーション担当副社長、ポール・デリンジャーと緊密に協力している。

デリンジャーの本職はデザイナーで、いまだにプロジェクトの方向性が正しいか自信がないと口にする。しかし彼によれば、グーグルは意欲的なパートナーであって、支配を目論んでいるわけではない。リーバイスの独自のニーズに合わせて製造プロセスを積極的に調整するグーグルの姿勢には何度も感銘を受けた、と彼は言う。プーピレフの方も、ファッションやデザインに関する質問はみなデリンジャーに訊けばいいということを学んだ。

プーピレフは、服の袖を全面液晶ディスプレー化するという自分の夢を笑いつつ、それを本当に実現するのに関心をもつ誰かと協力することの重要性を熱っぽく語った。しかし、ふとわれに返り、自分を抑えてこう言った。「真面目に考えると、クリスマスツリーのようにぴかぴか光る格好をしたい人なんていないだろう。これは技術的問題ではなく、デザインの問題なのだ」

リーバイスのチームにとって、ジャカードメンバーとの最初の顔合わせの手応えはよくなかった。彼らがマウンテンヴューからサンフランシスコに車で戻る2時間の間、車内はあらゆる失敗要因の話題でもちきりだったという。サプライチェーンがあまりに複雑で拡散している。たくさんの試験と加工に素材が耐えられない。消費者に見向きもされない、等々。

「わたしはウェアラブルにはかなり懐疑的だ」とデリンジャーは言う。いまでもリーバイスは、このテクノロジーの応用の方向性を探っている段階だという。

しかしデリンジャーは、このプロジェクトの可能性も感じている。「わたしたちは物理的世界に生きながら、ますますデジタル世界に依存するようになっているのだと気づいた。そしてその依存が、スマートフォンに釘付けになるような、いまの状況を生み出している」

彼は、この技術を自動車のハンドルへと応用した仮説について話した。音楽の再生や音量調節の機能を、ダッシュボードから指のすぐ下に移すことができたら、それは素晴らしいことだろう。安全で、簡単で、ずっと優れている。

ジーンズは、Project Jacquardの始まりに過ぎない。衣服から椅子まで、何もかもをインタラクティヴ・デヴァイスに変えるという計画は、自立走行車や糖尿病患者の健康管理を担うコンタクトレンズと同じくらい、大それたものである。

グーグルがファッション業界に、競合相手やコートにタッチスクリーンを貼り付けたがるテクノロジー企業としてではなく、パートナーとして参入できれば、ジャカードはまったく新しい「つながる衣服」の中核を担うことができるかもしれない。そこにはセンサー用のダサいポケットはなく、外見は、最高のジーンズとまったく同じなのだ。

TAG

Decoded FashionFashionGoogleWIRED US