さらば、「ウェアラブル」──その姿は消えてなくなる

写真拡大

ラルフローレンしかり、シャネル、スワロフスキーしかり。2015年、ウェアラブルはテクノロジーからファッションの世界に近づいていった。そして2016年、ウェアラブルはその姿を消し、わたしたちの目に見えないものになっていく。

「さらば、「ウェアラブル」──その姿は消えてなくなる」の写真・リンク付きの記事はこちら

ウェアラブル」とは、考えてみるとおかしな言葉だ。

もし「Google Glass」や「Apple Watch」、あるいは運動量をトラッキングする靴下がウェアラブルだというなら、テスラの「Model S」や「iPhone」、「Microsoft Surface Hub」はすべて、スクリーンやブラウザーがついてるからパソコンだ、ということになるのだろうか。あるいは「身に着けられるもの」がウェアラブルだというのなら、VRヘッドセットはウェアラブルだろうか。スマートフォンをベルトのホルダーにさしこんだら、それはウェアラブルなのだろうか。

わたしたちはいままで、身に着けるもの・所有するもの・触れるものがすべて同じ方法で接続されうる、来る世界のための単語をもっていなかった。

しかし、いまとなっては、それさえも必要ではない。この1年間、ほぼすべての業界の企業が「ウェアラブル」とは「カテゴリー」ではないということを証明してきた。何もかもが「ウェアラブル」なのだ。

ラルフローレンのハイテクシャツ「PoloTech」にしろ、スワロフスキー社がつくったアクセサリー「Misfit Shine」にしろ、カール・ラガーフェルドが3Dプリントで製作したシャネルのラインにしろ、2015年はファッションとテクノロジー業界が互いに注目をした年だった。高級ファッション店でApple Watchを購入することもできるし、タグホイヤーは、いたるところで一流ビジネスマンにAndroid Wearを提供した

15年にラルフローレンが米国内向けにローンチした「PoloTech」。

これらは、すべてのものをテクノロジー化するという進化の一段階だ。2015年のウェアラブルは、これまでのものとは違って一定レヴェルの格好良さを達成した。少しばかり職場閲覧注意な1枚のシャワー画像でロバート・スコーブルがGoogle Glassを殺してからここまで、長い道のりだった。

2016年は「見えないウェアラブル」の年

ウェアラブルは地球を征服しつつあるが、しかし目に見えなくなりつつもある。調査会社IDCは、2015年の第3四半期のウェアラブルの出荷台数が2014年の同時期に比べておよそ3倍であったこと、そしてフィットネストラッカーとスマートウォッチがギフトとして大人気だったために、次の四半期にはその数はさらに増えるはずだという調査結果を報告している。そしてその数はさらに、今後数年で3倍以上になるだろうという。

いまのところ、その販売はFitbit、アップル、モトローラ、シャオミ、サムスンといったテック企業によって占められている。市場のこのセグメントもまた、成長し続けるだろう。つまり、保険会社がその船に乗り、人々にフィットネストラッカー使用に対するインセンティヴを与え始める。そして、トラッカーの性能が上がり、トラッキングデータやパーソナライズされたリコメンドの精度も向上し、これらのデヴァイスからより多くの価値を得ることができるようになるだろう。

これらのテック企業は、ここ最近の数年間を、手首装着型のより優れたガジェットの開発に費やしてきた。おそらく、部屋にFitbitがあったり、誰かがシャツの裾から四角いApple Watchを覗かせているのを見かけることもあっただろう。これらはよいものではあるが、しかしまだ「テクノロジー!」と主張している。

しかし、ファッションウィークに目を向けてみると、そこには次に来るべきものがある。テクノロジーが、衣料品に見える服の縫い目の内側に消えているのだ。そこにはウェアラブルがあった。

いや、そうではない。

そこにあったのはハイテク宝石だ。RinglyMisfitのような企業が、デヴァイスをスクリーン無しでどやって動作させるかの実験を始め、「テクノロジー!」は点滅するたった1つのLEDに変わっていた。

体温調節機能付きのスポーツブラや、ストレスレヴェルに応じて形が変わるドレス。インテルのCurieが搭載されており、ファッションブランドChromatがNYの若手デザイナー向けのコレクション「Made Fashion Week」で発表した。

その大部分は、インテルとその小さな「Curie」(キュリー。ウェアラブル向けに開発された超小型モジュール)によるものである。Curieモジュールは、デザイナーがさまざまなデヴァイスをほぼ見えない形で服やものに組み込めるようにするためのものである。いまや、フィットネストラッキングやBluetoothをほぼあらゆるものに組み込むのは簡単なのだ。

New Enterprise Associatesのパートナー、リック・ヤンは、2016年は「見えないウェアラブル」の年だとCNBCに語った。フィットネスやファッション企業は、多くの人々がまったく気づかないように、センサーやトラッカーを統合する方法を探している。昨夜よく眠れたかどうかを教えてくれる機能はないものの、Withings「Activite」からフォッシル「Qライン」に至るまで、デザイナーはクールな特徴や機能を身に着けるものに統合しつつある。

いま身に着けているものを眺めてみよう

これまでにわれわれが目にしてきたウェアラブルは、3段階のうちの最初の段階にあたるものだ。

まず、ウェアラブルはいかにもテクノロジーらしい姿をしている。Google GlassやApple Watch、Fitbitは、見た目はよくなってきてはいるものの、ガジェットとして目に映る。

次の段階で、ウェアラブルはさらに見た目が改善される。とくに重要となるウェアラブル企業は、フォッシルやスワロフスキーといった、あなたが身に着けているものをすでにつくっている企業である。2015年は、ファッショナブルなテクノロジーから、テクノロジーを取り込んだファッションへの移行期の始まりであった。

3つ目の段階では、テクノロジーはすべてのものの一部となる。グーグルのProject Jacquardはその一例である。デザイナーがタッチセンサーを紡績糸に組み込んでしまったら、それはもはやテクノロジーと呼べないのではないか。おそらくそれは進化系の紡績糸、“紡績糸2.0”だ。靴にもセンサーがつき、シャツは心拍をトラッキングし、靴下は洗い時を教えてくれる(この薄汚いヤツめ)。

Project Jacquardは、布にセンサーを織り込むことで、服をインターフェイスにしてしまおうというプロジェクト。グーグルとアパレルメーカー、リーバイスが協力して進めている。

そのうち、あなたの腕にはタトゥーかRFIDチップが埋め込まれ、これひとつで何もかもできるようになる。これはちょっと先走りすぎかもしれない。けれど、わたしたちは2015年に次のことを学んだ。最もエキサイティングなウェアラブルは、コンピューターのようには見えないものだ。それは何にも似ていない。

いま自分が身に着けているものを、何でもいいから見てみるといい。それが、未来のウェアラブルだ。

関連記事皮膚の下に埋め込むスマートな「デジタル・タトゥー」

TAG

Activity TrackerAppleApple WatchFitBitGoogleRecommendWearableWIRED US