確定申告を忘れてしまったらどうなるの?

写真拡大

正月ボケから覚め、ようやく仕事モードになった皆さん。確定申告の準備は進めているだろうか? 税理士に任せている人や、慣れている人は良いだろうが、初めての人にとっては不安でいっぱい。特に気がかりなのは「確定申告を忘れていたり、申請漏れがあった場合はどうなるの?」ということではないだろうか。
「教えて!goo」にも、「過去に確定申告していない場合があるとしたらどうなるんですか?」という質問が投稿されている。

これに対しては、「所得税は本来、自分の収入はこうなので税法にしたがってこの額の所得税を支払いますと自ら申告するものです。(中略)…税法の時効が5年なので5年間は申告できます。(脱税などの場合の時効は7年なので書類は7年間税務署が保管します)」(saltmaxさん)、「『忘れていた』と主張しても客観的な証拠により『偽りその他不正の行為によって免れ』の場合は、時効は7年です。従って、5年経過したから安心と言う事にはなりません。給与所得者で医療費控除など確定申告時に控除申告漏れの場合は、残念ながら5年が時効ですので、確定申告をして所得税等の還付は受けられません」(bobo1019さん)などの回答が寄せられた。

■期限を過ぎても申告できる?

そもそも確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得を合算し、申告・納税すること。翌年2月16日から3月15日までの間に行わなくてはならないと決められているが、実はこの期間を過ぎても申告自体は可能なのだとか。
これを「期限後申告」といい、手続きとしては通常の確定申告と同様だが、ペナルティとして「無申告加算税」と「延滞金」がかかるため、出来るだけすみやかに行うことが肝心だ。国税庁ホームページによると、

「各年分の無申告加算税は、原則として、納付すべき税額に対して、50万円までは15%、50万円を超える部分は20%の割合を乗じて計算した金額となります。なお、税務署の調査を受ける前に自主的に期限後申告をした場合には、この無申告加算税が5%の割合を乗じて計算した金額に軽減されます」(国税庁ホームページ)

とのこと。しかし、期限後申告であっても、次の要件をすべて満たす場合、無申告加算税は課されないという。

「(1)その期限後申告が、法定申告期限から1月以内に自主的に行われていること。(2)期限内申告をする意思があったと認められる一定の場合に該当すること」(国税庁ホームページ)

一定の場合とは、以下の2つをいずれも満たしている場合を指す。まず、納付すべき税額の全額を期限までに納付している場合。次に、期限後申告書を提出した日の前日から数えて5年前までの間に、無申告加算税又は重加算税を課されたことがなく、かつ、期限内申告をする意思があったと認められる場合の無申告加算税の不適用を受けていない場合。
延滞税については、国税庁ホームページで計算できる。なお、期限後申告により納める税金は申告書を提出した日が納期限となるので、その日に納めよう。

■後から領収書を発見した場合等は、「修正申告」を

では、誤って納める税金が少な過ぎた場合や還付される税金が多過ぎた場合はどうなるのだろうか。

「この場合には、修正申告により誤った内容を訂正します。修正申告をする場合には、次の点に注意してください。(1)誤りに気がついたらできるだけ早く修正申告してください。(2)修正申告をしたり、税務署から申告税額の更正を受けたりすると、新たに納める税金のほかに過少申告加算税がかかります。この過少申告加算税の金額は、新たに納めることになった税金の10%相当額です。ただし、新たに納める税金が当初の申告納税額と50万円とのいずれか多い金額を超えている場合、その超えている部分については15%になります」(国税庁ホームページ)

税務署の調査を受ける前に自主的に修正申告をすれば、過少申告加算税はかからないのだとか。しかしながら、期限後申告となる場合は上記と同様、無申告加算税および延滞金が課せられる場合がある。反対に、税金を多く納め過ぎた場合や還付される税金が少な過ぎた場合は、

「更正の請求という手続ができる場合があります。この手続は、更正の請求書を税務署長に提出することにより行います。更正の請求書が提出されると、税務署ではその内容の検討をして、納め過ぎの税金がある等と認めた場合には、減額更正(更正の請求をした人にその内容が通知されます。)をして税金を還付することになります。更正の請求ができる期間は、原則として法定申告期限から5年以内です」(国税庁ホームページ)

とのこと。
確定申告の期限を守らないと、様々なペナルティが発生する可能性が高い。手間はかかるが、期限内に申告するようにしよう。

(酒井理恵)

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)