ついに、戦いの幕が開く。リオデジャネイロ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権)に挑むU-23代表は、13日にグループリーグ初戦の北朝鮮戦を迎える。インフルエンザを発症して出遅れていたキャプテンのMF遠藤航(浦和)も、前日練習で精力的な動きを披露して復調をアピールした。

 対戦相手となる北朝鮮のイメージを遠藤は、「結構つないでくるという話は聞きました」としながらも、「映像を見た感じだと、長いボールを入れられた後、セカンドボールを拾ってシュートというプレーの方が危険だと感じています」とフィジカルを活かしたプレーに警戒を示している。

 インフルエンザを発症して5日間隔離され、練習復帰からはまだ4日。休んでいた期間の方が長く、コンディション面は決して万全ではないはずだが、「問題ないです」と強調。最終予選に臨むにあたり、何よりも「本当に大事」と語る初戦に出場してチームに貢献したい思いは相当強いようだ。

 手倉森誠監督は遠藤の初戦での起用について、「6戦あることを考えれば慎重に考えたい。ただ、もう一つの考え方としては、親善試合をしていない彼はまだフレッシュなので、後々のゲームにつなげていくには初戦に絡ませるべきかどうか」と語っていた。そして、前日練習後には「彼の試合に出たいという思いとトレーニング日数が足りないという思い。いろいろなものを覚悟しているのだろうと思います」と話すにとどめている。

 しかし、練習では大島ら主力組とプレーする時間もあり、先発出場の可能性は十分にある。「6個(GL3戦、決勝T3戦)勝って日本に帰るというのが、自分たちの目標。初戦に勝って波に乗れるか乗れないかは今後の試合を左右します。今は初戦でしっかり勝つことだけを考えたい」。6大会連続での五輪出場に向けて好スタートを切るためにも、キャプテンは初戦での必勝を誓う。

(取材・文 折戸岳彦)


●AFC U-23選手権2016特集