ニューヨークの原油市場が一時30ドル割り込む 世界的な供給過剰で12年ぶり

ざっくり言うと

  • 12日のニューヨーク原油先物相場は急落し、一時30ドルの大台を割り込んだ
  • 世界的な供給過剰で2003年の12月以来、約12年ぶりの30ドル割れとなった
  • 中国の景気減速によって需要も減退するとの観測が広がっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング