大人なルックスが魅力。新宿「パークハイアット東京」のバレンタインスイーツ2016

写真拡大 (全5枚)

バレンタインデーのプレゼントはもう決めた? ルックスもテイストも大人向けの上質なスイーツを求めているのなら、東京・新宿の憧れホテル「パークハイアット東京」をチェックして。同ホテルでは、2016年2月1日(月)から14日(日)の期間、2階の「ペストリー ブティック」で5点のバレンタインスイーツを販売する。

エグゼクティブ ペストリーシェフ、パスカル シャルデラ氏が手がけるこちらは、どれもスタイリッシュなルックスが目を引く。写真の「ショコラ ベルベット」(3500円/直径12cm)は、なめらかな口どけにこだわった濃厚なチョコレートムースでマダガスカル産のカカオを使っているそう。

チョコスプレーとチョコボールで飾ったケーキの内側には、ピスタチオのビスキュイと、ほんのりと桜の香りをつけたカスタードクリーム、キルシェに漬けたチェリーが包まれていて、ひと足早い春の予感を届けてくれる味わいに。

このほか、4種類の美ルックスのアイテムがラインナップ。それぞれについて広報担当の石川さんに教えてもらった。◆女友達にも喜ばれそう。カラフルなひと口サイズのスイーツ


自分へのご褒美や女友達とシェアするチョコレートを求めている女子は、こちらの2品に注目して。どちらもスイートなビジュアルなうえ、価格もお手頃だから同僚や仕事相手への義理チョコにも活用できそう。

ピンク色が華やかな「ローズマカロン」(4個1500円)は、ローズエッセンスを混ぜ込んだクリームをサンド。砂糖漬けにしたバラの花のトッピングもロマンティックで、女心をくすぐられるはず。


ビビットな黄色いハート型の「パッション」(4個1500円、9個2900円)は、パッションフルーツのジュレとココナッツのガナッシュをホワイトチョコレートで包んだ一品。

「パッションフルーツの酸味を引き立てるために、甘みの強いホワイトチョコレートを使っています。フルーツとチョコレートのマリアージュをお楽しみください」(同)

◆彼と一緒に味わいたい。ハート型が印象的な逸品


大好きな彼にはしっかり愛情を伝えるチョコレートを贈りたいところ。ダークチョコレートで作ったハート型ボックスに一口サイズのプラリネチョコレートを詰めた「ハートボックス」(10個入り 3800円)なら、気持ちがばっちり伝わりそう。

ナッツの香りを生かしつつ、フィユティーユを混ぜ込んでさっくりとした軽い食感に仕上げているから、赤ワインやブランデーなど、香りの強いお酒のお供にもぴったりとか。


おうちデートでバレンタインを過ごす予定なら、旬のイチゴをたっぷり味わえる「ストロベリーハート」(3800円/10cm)を用意して。

真っ赤なハート型が印象的なこちらは、クリームとスポンジ生地に使っているキルシュが華やかに香るショートケーキ。バニラエッセンスを加えた生クリームと軽やかな食感のスポンジも絶品なおいしさ。ストロベリーピューレを使ったグラサージュの鮮やかな赤が、バレンタイン気分を盛り上げてくれるはず。

スタイリッシュなバレンタインスイーツに、おしゃれな彼も満足してくれそう。デリカテッセンでお酒や惣菜も合わせて、ちょっと贅沢なおうちバレンタインを過ごすのもいいかも。