人気武将ゆかりの雛人形を初公開!目黒雅叙園で「百段雛まつり〜みちのく雛紀行〜」

写真拡大 (全3枚)

江戸時代に紅花の交易によって栄えた東北各地の商家などには、豪商が集めた江戸や京都の雛人形が多く残されているそう。そんな名家に伝わる逸品から東北の郷土玩具までが並ぶ、豪華な雛まつりがやってくる。

2016年1月22日(金)から3月6日(日)まで、「目黒雅叙園」にある東京都指定有形文化財 「百段階段」では、「百段雛まつり〜みちのく雛紀行〜」を開催。今年で7回目を迎える同イベントは、これまでにのべ34万人が訪れたという都内最大級の雛人形展とか。

今回は、岩手、宮城、福島の東北3県から約500点の人形と約170本のつるし飾りが集結し、階段廊下の南側にある7つの部屋に、それぞれの地域ごとに飾られる。中でも目玉は、伊達政宗の重臣で、白石城の城主であった片倉家の雛人形。度重なる交渉の結果、ついに22年ぶりで宮城県白石市の蔵から出され、初公開されるそう。

「戦国時代、伊達政宗に仕えた片倉小十郎は智将として知られ、今や歴史ファンの女性の間でも大変な人気です。その家で大切に伝えられてきた雛人形は、風格もあり、歴史を感じていただけると思います」と、広報担当の芳賀さん。

また、福島県の宿場町・須賀川からは、江戸時代の代表的な女流俳人、市原多代女(いちはら たよじょ)にゆかりの「享保雛(きょうほうびな)」も登場。こちらは徳川八代将軍・吉宗の時代に町方で流行した人形で、華やかな衣裳が特長とか。

このほかにも、洗練された御所人形、和紙を張って作る素朴な福島県の郷土玩具「三春張子」、布製の柔らかな人形を連ねた「つるし雛」など、雛人形を中心にさまざまな人形が揃う。


さらに、東北各地に根ざした「雛まつり」の文化を伝える展示も。例えば、岩手県花巻市大迫町の「大迫宿場の雛まつり」を再現した部屋の「古今雛(こきんびな)」は、当地の豪商の家に伝わるものだそう。ほかに、宮城県の村田町で開催される「むらた町家の雛めぐり」にちなんだ部屋などもあり、地域に伝わる雛人形の名品が鑑賞できる。

部屋ごとに人形や装飾も変わり、それぞれに雰囲気も違うから、東北各地の名家の雛まつりにお呼ばれした気分になれるかも。美術品に彩られた百段階段の空間の中で、ひと足早い雛祭りを楽しんで。